2007年09月30日

タクティールケア

 TBS系テレビの”夢の扉”、今日の放送内容は”家族のため認知症ケア”と新聞に載っていたので見ることにした。そこで紹介していたのが”認知症介護の切り札:タクティールケア”だった。
 タクティールケアは緩和ケアにおけるスウェーデン独特の療法で、日本の指圧や手技療法、リフレクソロジーなどと違い、強く押す必要はなく、柔らかく包み込むように触れる手法だ。タクティールを行うと痛みが和らいだりするだけでなく、認知症特有の周辺症状を緩和することが出来るという。また、触れることにより信頼感や安心感を受け手に与える。

 去年母の足がむくんでいた時よく足をマッサージしたものだ。今年もむくみ始めたときに少しだが早めにマッサージをしていた。マッサージは足をリンパに沿って下から上になでる程度だが、これもある意味タクティールかな?という気がする。
 これからは暇を見つけては、母の手、足、背中などを、見よう見まねでケアしてみようと思っている。特にリウマチの手、少し曲がってきた背中を念入りにタクティールしてみるつもりだ。タクティールはオイルを使うのだが、この辺は徐々に調べてみようと思う。

母が倒れてから591日
自宅で介護を始めて561日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 20:21 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

これから春にかけての心配は

 整形外科で処方してもらった骨粗鬆の薬だが、今日で飲み始めて2回目になる、この薬は赤い発疹が出てこない。前回の薬より、今回の薬の方が母には相性がいいのだろう。でも母が薬でアレルギー反応が出るのは初めてだ。

 9月に入っても残暑が厳しく、青空市にも9月初めに行ったきりだった。今まで私1人で行っていたが、2〜3日前から昼間も過ごしやすくなり、今日は母も久し振りに青空市に一緒に出かけた。
 夏の間は、”足のむくみ”、”幻覚”などが心配だったが、もうすぐすると朝晩も冷え込むようになり、これから春にかけての心配は、”血圧”、”膝の痛み”を気を付けないといけない。

母が倒れてから590日
自宅で介護を始めて560日
posted by ぼにん at 21:27 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

厚生労働省がアルツハイマー病原因を本格調査

 ”厚生労働省がアルツハイマー病原因を本格調査”と介護で働く人のコミュニティサイト「けあとも」のけあとも管理人ブログに載っていた。アルツハイマーの根本的な治療薬の開発を期待したい。

 会社から帰ると、母がソファーの上で寝ている。買い物に行き夕食を作る間の2時間ぐらいズットだ。夕食の時に、
私:「夢を見るかな」
母:「最近は見んのぉ」
私:「寝とったが」
母:「眠てぇこともあらぁ」
最近また居眠りが多い、いや居眠りじゃなく寝ていることが多い。秋だからだろうか?。

母が倒れてから589日
自宅で介護を始めて559日
posted by ぼにん at 21:02 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

母から会社に電話

 昼間会社の車がパンクしたので、仕事が終わってガソリンスタンドでタイヤを交換していた。(タイヤのスリップサインがもうなくなりかけていたので、4本とも交換することに)帰りが少し遅くなるが、家に電話をする必要もないだろうと思っていたが、会社から「今お母さんから電話があったから、してあげて」との電話が入ってきた。家に「もう少し遅くなる」と電話すると、母が「そうか」の一言で電話を切る・・・。家に帰っても「おせぇのぉ」とも何も言わないが、母も心配して電話したのだろう。
 結局1時間ぐらい、いつもより帰りが遅くなったが、電話を会社にかけてくるとは思わなかった。たまに30分ぐらい遅くなることがあったが、それ以上遅くなるようだと、これからは電話を入れるようにすることにした。
posted by ぼにん at 21:20 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

父の法要

 今年は父が亡くなって11月で12年目になる。13回忌法要だ。先週にお寺さんに法要のお願いをしてきた。7回忌からは母と私、姉の家族、兄の家族のみですませている。
 今までは自宅で行っていたが、@仏壇の準備A霊具膳と供具団子の準備B塔婆の用意C新しい花を飾ってD仏壇の前には供物台や焼香台などの準備Eお寺さんの手土産、など私1人では出来そうもない。母も手伝ってはくれるだろうが、母は「忘れてしもうて、ようせん」と言っている。今日お寺さんに「お寺で法要をしてもらうことは出来るか?」と聞いてみた。
 お寺の本堂でやってくれるとのことで、お位牌とお花を持っていけば、後はお寺さんで準備はしてくれるとのことだ。塔婆は事前に用意しておかないといけないが。・・・多少お金がかかっても、お寺で法要をするほうがいいと思う。今日はお寺さんが用事で家におられなかったので、後日改めてお寺でやってもらうようにお願いするつもりだ。

 3回忌までは親戚と所縁のある人に来てもらっていたので、仕出し料理を配達してもらっていた。内輪だけになると、姉と兄の家族は好き嫌いが多いので、みんなが食べれる料理が無い。7回忌の時も会食に悩まされた。今年は食べようがどうしようが、仕出し料理を頼むことに決めている。

母が倒れてから587日
自宅で介護を始めて557日
posted by ぼにん at 20:41 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

彼岸が過ぎ暑さも和らいできた

 彼岸が過ぎ、日中は30℃を越えるものの彼岸前の暑さに比べると、暑さも和らいできた。朝夕は扇風機をかけると寒いぐらいだ。季節の変わり目なので、母の膝が悪くなることが心配になる。そろそろ水が溜まってくるかもしれない。違和感があれば早めに整形に連れていこうと思う。
 今日のデイケアの昼はバラ寿司だったようだ、「今日は寿司じゃった、寿司言うても、なぁにがちょびっと」と量が少ないので腹が減るからブツブツ言っている。母は人より食欲は旺盛な方だと思う。今年の暑さでも夏バテせず食欲が落ちることはなかった。兄や兄の子供の心配事で、気になって少しだが食欲が落ちたことはあるが・・・。

母が倒れてから586日
自宅で介護を始めて556日
posted by ぼにん at 21:05 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

自宅で介護を始めて1年半が過ぎた

 母の介護を自宅で始めてから、9/19(水)で1年半が過ぎていた。思い浮かべれば最初の頃は『どうしようか』と悩む毎日が続いたが、母のリハビリの頑張りもあり(本人はリハビリをしても何にもなりゃせんがと言っているが、私は現状維持が出来るだけで満足と思っている)何とか問題も起きずに毎日過ごしている。私の時間も限られて入るが、ストレスが溜まらないぐらいは取ることができる。
 数日前の新聞に「家庭内での高齢者に対する虐待の件数が厚生労働省の調査で明らかになった」と載っていた。この内、約40%が介護の必要な認知症に対する虐待という数字になっている。
 私も母に手を上げたことが何度かあり、その時はいつも後悔の念で自己嫌悪に陥る繰り返しだ。”介護”は介護の経験がない人には理解できない、感情や苦悩を介護する人は抱えている。特に1人で介護する人は孤独になりがちになる。
 高齢者虐待防止法には、1)身体的虐待、2)心理的虐待、3)性的虐待、4)介護放棄、5)経済的虐待、を掲げている。介護をしている人は少なからず感情が抑えられずに、手を上げたりしたことなあるのではないかと思う。
 高齢者虐待防止法の中の”性的虐待”は身内のものがそんなことをするのか疑問に思えて仕方がないが・・・。ここで言っているのは身内の人が介護する場合で、施設での介護はプロとして報酬を受けてるので、あってはいけないものだと思っている。

 今日は振替休日だが私は仕事で、昼休みに青空市で栗を買って帰った。明日の夕食は栗ご飯にするつもりだ。母が東京フレンドパークを見ている横で、栗の硬い皮と渋皮に悪戦苦闘しながら、皮を剥いた。

母が倒れてから585日
自宅で介護を始めて555日
posted by ぼにん at 20:33 | 岡山 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

福田新総裁

 福田康夫元官房長官(71)が330票を獲得し、197票の麻生太郎幹事長(67)を破って新総裁に当選した。
 明後日には総理大臣指名選挙を経て新内閣が決定する。この総理大臣指名選挙では、衆議院では自民党の福田総裁、参議院では民主党の小沢代表が議決されだろう。最終的には衆議院の議決が国会の議決とされ、福田内閣が発足されるのは目に見えている。
 各派閥に支持された福田総裁、幹事長など党3役や内閣人事に派閥人事が優先されるのではないか?。
 福田新総裁は、あたり障りの無い言葉を選んでの発言で、リーダーシップが発揮できるのか疑問である。繊細な神経をしている印象で、小渕首相や安部首相のように体調不良による引退を思い浮かべてしまう。

 父の故福田赳夫首相も1976年12月から78年12月まで首相を務め、日本の憲政史上初めて親子二代による首相就任となるのはすごいことだ。
posted by ぼにん at 19:49 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

郵政民営化間近

 日本郵政公社が10月1日から民営化される。新聞に載っている写真を見ると、郵便局の窓口に、各事業会社の”境界線”を示す間仕切りが映っている。間仕切りが現れて広々としたフロアが狭くなったように見える。利用者からは1つの郵便局という意識だから当分戸惑うんじゃないか?。私も民営化されて何がどのように変わるのかハッキリ分かっていない。

 今日も暑く3時過ぎに家に帰ると、母がグテーとしてソファーに横になっている。窓を閉めクーラーを入れて、青空市に買い物に行く時に、母に行くかと聞くと「行ってけぇ」だ。買い物から帰ってもグテーとしている、何もする気がしないとのことだ。暑いのに早くからクーラーをかければいいのに(~_~)。
 『暑さ寒さも彼岸まで』と言うが、明日からは多少は暑さも和らぐとテレビでいっていたが、予報ではまだまだ気温も平年より高く、向こう一週間は30℃と暑いようだ。

母が倒れてから583日
自宅で介護を始めて553日
posted by ぼにん at 20:19 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

整形外科、ようやく院長の診察が受けれた

 今日整形外科に行ってきた。8/8以来3回目の通院でようやく院長の診察が受けることが出来た。骨粗鬆の薬で赤い発疹が出てたので、違う種類の骨粗鬆の薬を処方してもらう。リウマチの薬はそのまま継続だ。
 金曜日だと院長の診察が受けることができるが、問題は母の膝の痛みはいつ出るか分からない。その時に院長が不在だと診てもらうことができないだろう。火・木は院外での手術のため午後からは不在となっているので、この日は絶対に見てもらえない。近くでいい整形外科を探して、そちらに移ったほうがいいのかも。
 以前膝の痛みで通った整形があるのだが、膝の水を抜いた次の日も消毒だけで行かないといけない。それに午後6時まで診察と表示(普通はこの時間まで受付してくれるはずだ)してるのに、人数が多いと午後5時前に受付を終了することがよくある。

 今私も左手首に痛みがあるので、考えている整形に行ってみて、よければ母もそちらに通院させようかと思っている。

母が倒れてから582日
自宅で介護を始めて552日
posted by ぼにん at 21:38 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

じゃまになるだけじゃ

 昨日、施工業者に「手摺りの高さは工事の時に決めるのか?」と私が聞くと、「今ご在宅なら測らせてもらいたい」と言うので、母を呼んで測ってもらうと、母は憮然としている。日中暑かったのと工事の人が気に食わないのか?、何かしようとすると、憮然とした態度を取ることがある。
 夕食の後、
私:「玄関間口の手摺りとステップ台も付ける」
母:「そんなのいらん、じゃまになるだけじゃ」
母には玄関ポーチの改修は事前に言っていたが、玄関間口の件は私が「ここも改修したほうが安全」と思って、業者に見てもらったのだが、母には要らぬお世話だったかも知れない。
 母は自分もことにお金をかけたくない思いもあるのだろうが、もし玄関間口も必要になったら、その時に改修すればいいことだ。
 今朝9時過ぎに、昨日の業者に玄関間口のステップ台と手摺りは要らないことを伝え、玄関ポーチ改修だけにしてもらった。

 今日はデイケアに日で、夕方私の方が早く家に帰っていた。ちょうど明日のゴミ収集の用意をしていると、母を乗せた送迎者が。母を連れて降りてきた人は男の人で、「へぇ、男の人もいるんだ」と、初めて男の人を見た。以前デイケアの施設に伺ったときにの男のスタッフは居たが、皆若い人で、今日見た人は頭の禿げた年配の人だったので、少しビックリした次第だ。

母が倒れてから581日
自宅で介護を始めて551日
posted by ぼにん at 20:46 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

玄関改修の打ち合わせ

 ケアマネージャーと施工業者と私とで、玄関改修の打ち合わせをして、
1)ポーチの手摺り
2)ポーチの階段が高いのでもう一段付け加える
3)玄関口のステップ
4)ステップ追加部分に手摺りを追加し、現在の手摺りとジョイント
で、見積もりしてもらうことにした。
 トイレ、浴室、階段など主だったところには手摺りは付けてあり、また全部屋バリア(段差)はない。玄関回りの改修をすれば、たぶん母の歩行はだいぶん安全になるとは思う。

 昨日、秋分の日と日記に書いたあと気付いたが、23日は彼岸の中日じゃないか('_')。明日20日は彼岸入りなので、今日夕方5時30分ごろからお墓掃除に行ってきた。

母が倒れてから580日
自宅で介護を始めて550日
posted by ぼにん at 20:05 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

秋の気配を感じさせてもらいたい

 デイケアの今日の昼は豆ご飯(赤飯)だったようだ。昨日敬老の日だったので、紅白の饅頭とデイケアの職員手作りの祝い物をもらって帰っていた。祝い物には「これからもお元気で、デイケアにお越し下さい」と書いてある。嬉しいものだ!。

 先週金曜日のケアマネージャーに電話が気になり朝電話を入れると、「急だが明日の夕方玄関ポーチの手摺りの件で業者と一緒に伺ってもいいか」とのことだ。もちろん問題ないので「いいですよ」と返事をした。
 それと、デイケアを週3回に変更の件はOKとのこと。10月から週3回デイケアに行くことになる。

 この2週間の血圧は、朝:98/50〜154/75、夜:107/59〜137/72で、平均は118/63だ。血圧は低めが多いが154/75と高いことがあるのが気になる、季節の変わり目だからだろうか?。主治医の病院に行くと人が多かったので先生に聞くと、「季節の変わり目で体調を崩す人が多いからです」とのことだ。主治医の所で測った血圧166/74と高めだ(^_^;)。

主治医の内科に2週間毎の検診・・・
 診察内容は、
1)咳とか熱はないが鼻が出る(痰も少し)・・・熱も無いので様子を見ましょうとのこと
2)血圧(166/74)、触診、など

 まだまだ暑い日が続く、明日も35℃まで上昇するようだ。この1週間の予報でも温度が30℃を超えており、年取った人には堪えるだろう。9月8日の白露も過ぎ、もうすぐ秋分の日になろうとしているのに、この暑さだ。早く残暑も終わり秋の気配を感じさせてもらいたいと願うばかりだ。

母が倒れてから579日
自宅で介護を始めて549日
posted by ぼにん at 21:17 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

敬老の日

 今日は敬老の日。数年前から敬老の日の記念品がないなと思っていたら、6月ごろ今の町内会長が「敬老の名簿に載っていない」と言って来てくれた。今年は記念品がもらえるだろう。
 私が住んでいる市の65歳以上の高齢者の割合が19%台になっており、5人に1人が高齢者という現実だ。働く現役の世代はどのくらいか分からないが、年金・保険料など財源がもたないのは誰が考えても分かる。日本って「内政は火の車」の状態で、外国には資金援助などで巨額を投じ、良い顔を演じている。子供の減少にも歯止めができず、高齢化はまったなしの状態なのに、インド洋上での給油活動などより、最優先課題で取り組んでもらいたい。「外国の目ばかり気にしているような政治はいらない」と思うのは私だけだろうか。

 昨晩、私が風呂に入ってると母の声が聞こえる、
母:「この子を風呂に入れてやってくれぇな」
母:「誰もおらんのかのぉ」・・・・
取りあえず風呂から出て母の部屋に行くと、ベッドの横になって、子供を抱いているような格好をしている。
私:「どこにおるん」
母:「この子じゃ、そこにおろうが」、「あら、おらんようになった」
風呂に入り直してから、ストレッチをしていると、今度は言葉になってない寝言を言いだした。何を言ってるのかよく分からないが、子供のことだというのは分かる。しばらくすると静かになり、寝たようだ。
 夢を見ていて、目が覚めてもそのまま幻覚みたいな感じで続いている。このときの目は焦点が定まってないようま感じだ。

母が倒れてから578日
自宅で介護を始めて548日
posted by ぼにん at 19:41 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

町内の掃除1時間早い

 8時から町内の掃除なので、6時30ごろから起きて、洗濯をして朝ご飯を食べてると、もう草刈をしてる人がいる。まだ7時を過ぎたばかりだ。7時20分ごろになると、たくさんの人が掃除をしだした。急いで出て行き「遅くなりすみません」と一言、すると「8時と回覧板には書いていたが、暑くならないうちに終わらせようと早くした」とのこと。
 そんなの知らない!。知らない人もたくさん居て、掃除に出て来なかった人も居る。そりゃそうだ掃除が終わったのは8時前だから。
 よく考えれば去年も私が会社に行く時間(7時30分ごろ)に草刈を始めようとしている人がいた。「毎年誰かが早く出てみんなゾロゾロ始めてるんだな」と後で思った次第だ。

 母は今日は3回もウンコが出て、朝早くに出た時は、たっぷり出たようだ。夕食後腹を触ってみると、へそ下がぽっこり出て固い。ウンコがまだ溜まってるんじゃないか?本人は「腹が張ってねぇから、スッキリしたで」と言ってるが。

母が倒れてから577日
自宅で介護を始めて547日
posted by ぼにん at 20:10 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

ケアマネージャーから電話

 私は仕事中は携帯電話を持ち歩いてるが、家に居る時や休日は自分の部屋に放り投げている。昨日の夕方6時半過ぎにケアマネージャーから電話が入っていた。風呂に入って寝るために自分の部屋に入り携帯を見たら電話があったのに気付いた次第だ。昨日の午前中に電話した件(デイケアを週3回に変更、玄関ポーチの手摺り)の返事だろう。どうなったか気になるが来週の火曜日まで分からない(ーー;)。

 明日は町内の清掃活動がある。去年は土曜日だったので仕事に行かないといけないのでパスしたが、今年は出ないとダメだろう。今までは母が出ていてくれた(一昨年前までは私は日曜も仕事していたので)ので、やり方が分からない。まぁ近所の人に聞けばなんとかなるだろう。

母が倒れてから576日
自宅で介護を始めて546日
posted by ぼにん at 20:27 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

デイケアを週3回に

 「来月から迎えに来てくれる所(デイケアのこと)に行くのを週3回にするかな」と再度母に確認をした。
 気が変わっていないようなので、ケアマネージャーに来月からデイケアを3回にしたい旨を伝えた。希望としては、土曜を追加して、火木土と通えたらと思っている。ケアマネージャーの話では、通所する人が増えていて希望通りできるか分からないとのことで、後日返事をくれる。コムスンの影響がでてるのかも・・・。
 後、以前から考えていた玄関ポーチの段差解消や手摺りを付けたい旨も伝えると、これは県に申請をしないといけないようである。申請書はケアマネージャーのほうで書いて申請してくれるとのことで、近いうちに業者を呼んで見積もりをしてもらうようにしてもらった。

母が倒れてから575日
自宅で介護を始めて545日
posted by ぼにん at 20:56 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

白内障術後1ヶ月目の診察

 白内障術後1ヶ月目の診察に行ってきた。前回から予約は12:00とするのだが、12:00の予約は予約外となっているようで、実際の診察は午後1時を回っていた。だからと言って受付は12:00までなので、それまでには病院に行かないといけない。前回は兄が母に付き添ってたが兄も相当待ちくたびれたと思う。
 目に問題もなく、診察は後2回、10月と11月で問題なければ終わりとのことだ。

 病院から帰ると、母が「10月から3回にしょうかのぉ」と言いだした。少し前までは「寒うなったら3回にしょうかのぉ」だったのに、急に来月からに変わっている。・・・3回とは、今通っているデイケアを週3回と言う意味だ。
 私が思っている以上に昼間1人が寂しいのだろう。明日もう一度母に聞いてみて、10月で変わりないようならケアマネージャーに相談しようと思っている。

母が倒れてから574日
自宅で介護を始めて544日
posted by ぼにん at 20:40 | 岡山 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

前回に引き続き院長が不在

 整形外科に行くと、前回に引き続き今日も院長が不在(院外で手術)だ。「もうすぐ帰ってくる」とのことなので待つことにした。40分程待った挙句、30分後ぐらいに帰ってくると連絡がありましたと伝えられた。私もウンザリし母も怒り出し、薬だけ処方してもらい帰ることにする。これじゃ何のためにわざわざ通院するのか分からない。
 この医院は火曜と木曜の午後に院外での手術を行うと書いてあるので、水曜だと院長が居ると思っていたのに、患者のことを考えているのか?、迷惑なことだ。月曜か金曜だと院内の手術で昼にすると言うことなので、今度から金曜に通院することにする。今度院長が不在で診てもらえないことがあれば、病院を替えるつもりでいる。

 仕事中、車のラジオを聴いていた。耳を疑った。「安部首相が辞意表明」と聞こえた。「えっ!、初心表明をしたばかりで今日から代表質問なのに・・・」なんでこんな時期に。2時からの辞任説明では「民主党の小沢代表に会談を断られた」とあったが、小沢代表は「そのような接触はない」とのことだ。なんでこんなことが食い違いがあるのだろう。
 それにしても、この時期での辞意表明は政府・自民党にとって大打撃は免れないとはずだ。

母が倒れてから573日
自宅で介護を始めて543日
posted by ぼにん at 22:14 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

母が歌を歌っている

 夕方会社から帰り家の玄関を開けると、母の歌声が聞こえる。歌と言っても私と同じで下手くそな歌で、歌詞も何を歌っているのかよく分からない。何か童謡のような気がしたが・・・。今日のデイケアで、みんなと歌ったんじゃないかな!。

 夕食時に今通っているデイケアを「寒うなったら3回にしょうかのぉ」と母が言う。近所の方や昔からの知り合いの方が多くいかれてるので、話が弾んで楽しいのもあるし、リハビリで体を動かしたりするのも楽しんでやっているのもあり、家で1人でいるより有意義に過ごせるのだと思う。私も母が家事をしたりしてくれるのは有難いことだが、1人で居るよりは安心できる。なにより体を動かすことが一番だと思うので大賛成だ。

 明日は2週間ぶりの整形外科に行く日だ。今度は院長が在籍していると思うが・・・。この前は急な手術が入っていたようだ。

母が倒れてから572日
自宅で介護を始めて542日
posted by ぼにん at 21:32 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。