2007年10月10日

母の顔がいつもと違う

 夕食の時、母の顔がいつもと違う。なぜかな?と思って、よく見ると髪がオールバックに近い形になってテカテカと少し光っている。聞くと「髪がバサバサしとったから、今朝油を塗ったんじゃ」とのことだ。髪に塗る油なんかあったかな?と思っていたら、どうも以前から風呂場に置いてあるヘアクリームのことだ。年寄りでも髪型でイメージがだいぶ変わってくる。

 母が言っていたが、昨日兄が「ここにおったらボケてしまうで」と言ったようだ。どういう意味でいったのか兄の無神経には呆れる。
 もう15年以上前になるだろうか、兄が母と父と大喧嘩をした時に私に言ったことがある。「おめえが親の面倒を看いよ」「おかんはボケとんじゃねんか」この言葉は今でも忘れない。こんなことを言った兄が、自分や自分の子供のために”平然と親の脛をかじってきた”今でも母の脛をかじっている。

母が倒れてから601日
自宅で介護を始めて571日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 20:35 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

玄関改修の見積り

 玄関改修の施工業者が見積りを持ってきてくれた。工事内容は、
1)玄関ポーチの手摺り
2)玄関ポーチの階段が高いのでもう一段付け加える(アンカーで固定)
で、費用は9万ぐらいだ。介護保険を使うので、これから申請に1〜2週間かかり、それから工事となる。
 工事は1日目に手摺りの取り付けとコンクリートを張り、3日ぐらいあけて2日目にタイルを張るとのことだ。
 工事の時に人が居ないといけないだろう、母でも大丈夫じゃないかと思うが、実際に工事の段取りになった時に聞いてみようと思っている。

 白内障手術後の診察は問題なく、次回1ヶ月後が最後の診察になる。手術の後の診察が長い・・・。

母が倒れてから600日
自宅で介護を始めて570日
posted by ぼにん at 20:43 | 岡山 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

母の歩く後ろ姿が笑える

 母の歩く後ろ姿が笑える(^_^.)。若い人が腰骨までズボンを下げてパンツが見えているが、母の後姿もそんな感じに近い。パンツは見えないがズボンの尻が垂れ下がっている。尿パッドをして紙おむつを履いて、ズボンを履いているから、そのように見えるのかもしれない。
 毎日紙おむつをしていて、肌が痛くならないのかと思うが、聞いても「痛うねぇで」と言うので、大丈夫なのだろう。さすがに今年の夏は紙おむつで”あせも”が出来ていたが・・・。

 明日は1ヶ月ぶりの白内障手術後の診察だ。手術して約2ヶ月になる。明日はデイケアに行く日と重なっているので、デイケアは休むことにしている。が、休むことを連絡するのを忘れたことを今日気がついた(^_^;)。明日朝に忘れずに連絡を入れないといけない。明日は兄が病院に連れて行ってくれることになっている。

母が倒れてから599日
自宅で介護を始めて569日
posted by ぼにん at 19:55 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

昨日夢を見た

 母に「夢は見るかな?」と聞くと、「見んのぉ、昨日はよう寝たで」とのことだが、私は昨日夢を見た。
 私は年に1度夢を見るかな?と言うほど見ないのだが、昨日は変な夢を見た。白い裾が広がったスカートをはいてエレベーターに乗っている。エレベーターに乗ってどこかに行こうとしている夢だ、何の意味がある夢なんだろう・・・。
 夢の中で何でスカートをはいてるのかと気付く自分が居た。エレベーターは街中のガラス張りのエレベーターで、外を見ているとガラスに自分の姿が映り、白い帽子、白いTシャツと全部白の格好をしていると思う。エレベーターが1階に着くと駆け出して行くところで、目が覚めた。

母が倒れてから598日
自宅で介護を始めて568日
posted by ぼにん at 19:44 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

始めて土曜日にデイケアに行く

 今日はデイケアを週3回にして、始めて土曜日にデイケアに行く日だ。何かの手違いで迎えに来たか心配だったので、朝9時40分前に家に電話をして見ると、すぐに母が電話に出たのでまだ迎えに来てない・・・
私:「まだ迎えに来んのかな」
母:「来ん、もう来んな」と話してると、
電話の向こうから”おはようございます”の声がする、母が「チョット待ってな」と言って電話を切ったしまった。が、たぶん迎えに来たのだろうと、安心した。
 土曜日は私は人が少ないのだろうと思っていたが、母は「ぎょうさんおるが、今日は98とか年寄りばぁじゃ」と言っている。

 明日の夜は炊き込みご飯をしようと思っているので、夕食後に母と2人で里芋の皮を剥ぐことに。・・・私が青空市で小粒の里芋を買ってきていたので、母が「こねん小せぇのは百姓が機械で剥いで売るんじゃが、こんなんを買うのがおるから百姓がそのまま売るんじゃ」・・・確かに小さいから剥ぐのに手間がかかる、今度からは大粒なのを選んで買わないと!。

母が倒れてから597日
自宅で介護を始めて567日
posted by ぼにん at 22:24 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

久し振りの外食

 私の左手首の痛みで、診察に行こうと思っていた整形外科の評判はイマイチだったので、母が通っている整形外科で診察してもらうことにした。今日母の診察だったので、私も左手首を診てもらうと”筋の使い痛み”とのことだ。実はこの左手首の痛みは今年初め頃も痛みがあり、近くの整形で診てもらったのだが、痛みの原因はハッキリ言ってくれずに塗り薬をくれただけだった。今日の診断は私の納得いく説明をしてくれたので、やはり多少は遠くても評判の良い病院は良いと感じた。
 私の診察もあるので、今日の夕食は久し振りに外食することにしていた。外食するのは何ヶ月ぶりだろう!。家計簿を見てみると6月上旬に外食してるから4ヵ月ぶりだ。外食と言っても、母が食べれるのはラーメン、うどん、寿司、そんな所だ。家では好き嫌いなんかなく何でも食べるのだが、外食となると食べ物が限られてくる。
 日本食だといいのだが、街中に行かないといけないし、そういう所だと待ち時間もながいだろうし、母には疲れるだけだ。

 明日はデイケアを週3回に変更して、始めて行く土曜日になる。

母が倒れてから596日
自宅で介護を始めて566日
posted by ぼにん at 22:40 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

”直接触って見る”のは大事なこと

 夕食の後、10分ぐらいだがタクティールケアを練習がてら手の部分だけやってみた。いつもは見ているだけで、リウマチの手が左手が少し浮腫みがあるなぁと思っていたが、実際に触ってみて始めてむくみの度合いが分かる。
 左手は見た目より浮腫んでいるし、右手は指の第2関節が曲がって真っ直ぐにならない、真っ直ぐにしようとすると痛がるほどだ。
 今日はタクティールケアとは言えないようなマッサージで、指を擦っただけだが、”直接触って見る”のは大事なことだと学べてよかった。

母が倒れてから595日
自宅で介護を始めて565日
posted by ぼにん at 20:52 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

「勤勉、実直」アルツハイマー防げる?

 ”勤勉、実直な性格や生活様式がアルツハイマー病の発症を抑える”米ラッシュ大医療センターの研究チームが、米精神医学専門誌に発表した。
 チームによると、平均年齢75歳の健康な997人を12年間、追跡調査したところ、176人がアルツハイマー病を発症した。
 調査参加時に性格テストを実施しており、性格と発症との関係を分析。その結果、「目標達成に熱心に取り組む」「やることすべてに優秀さを追求する」「時間に間に合うよう、ペース配分をする」といった「勤勉、実直」を示す項目で高得点を挙げたグループは、得点が低いグループに比べ、89%も発症リスクが低かった。
 さらに、勤勉な人では、死後に脳を調べるとアルツハイマー病の特徴を示す病巣があったのに、生前に認知症が現れなかったケースもあった。

 逆に、悩みがちな人は、アルツハイマー病になりやすいことが米シカゴのラッシュ・アルツハイマー病センターなどの研究者の調査で分かっている。

 雑誌か何かで読んだ記憶があるのだが、修道女のマザー・テレサが87歳でなくなった後、脳を調べるとアルツハイマーの兆候があったが、勤勉な性格だったので発病しなかったのでは?と書かれていたと思う。


 昨日のデイケアの件を母に話をした、
私:「一度も行かずに元に戻すと、本当に週3回にしたい時に”またかぁ”と思われる」「一回でも行ってから、えれぇから元に戻したいと言ったほうがいい」「それに、週3回がよかったらそのまま続けられるが」
母:「そうじゃのぉ、2回ぐらい言って見うかのぉ」
一応、週3回デイケアに行くことにしてくれたようだ。私としては週3回で続けてもらいたいのだが・・・、母が止めると言った場合は母の意志に従うつもりだ。

母が倒れてから594日
自宅で介護を始めて564日
posted by ぼにん at 20:27 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

デイケア週2回でえぇと言い出す

 玄関ポーチの手摺りの打ち合わせをして2週間ぐらい経つが、まだ見積もりがこないので電話をしてみると、「見積もりは出来ているとのこと」、ただ夕方になかなか時間が取れないとのことで連絡が遅れていたようだ。別にこちらはいつでもいいと伝えると、来週の火曜に持ってきてくれるようになった。

 「リハビリは2へん行きゃぁえぇ、3べんもは我欲じゃった」と言い出す、今日リハビリに行って週1回の人と話をして、その人が「2回もはえれぇから、1回にした」とか言ったようだ。それを聞いたからか分からないが、週2回しかデイケアに行かないつもりだ。今月から週3回に変更してもらってるのに・・・。困ったものだ。
 明日にでも「とりあえず今週は3回行って、えらいようなら元に戻そう」と言うつもりでいる。

母が倒れてから593日
自宅で介護を始めて563日
posted by ぼにん at 20:43 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

主治医と中学時代の話

 この2週間の血圧は、朝:106/57〜169/83、夜:105/57〜128/74で、平均は122/66だ。血圧は収縮期が110〜120台で拡張期が60〜70台でほぼ推移している。一度だけ肌寒い朝に169/83と高い日があったぐらいだ。

主治医の内科に2週間毎の検診・・・
 診察室に入ると、先生が「○○先生を知ってますか?」と言ってきた。中学校の先生のことだが、中学の先生のことは担任以外そんない覚えていないので分からない先生ばかりだった。逆に私が知っている先生を主治医は知らない。主治医と私とでは4学年離れているが、共通して知っている先生がいてもいいはずだが・・・。
 診察内容は、
1)咳とか熱はないが鼻が出る(痰も少し)・・・前回の検診時と変わりなく鼻がでているが先生は気にしていない様子だ、私も気にしていない。
2)血圧(148/64)、触診、など

母が倒れてから592日
自宅で介護を始めて562日
posted by ぼにん at 20:41 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。