2007年11月30日

皮膚科へ行ってきた

 今日会社から帰ってすぐに母を連れて皮膚科へ行ってきた。どこの皮膚科に行こうかと思っていたが、母の診察券を見ていると数年前に行ったことのある皮膚科(この時は頭にハゲができたので受診)があったので、”そこでいいや”と思い電話で問い合わせをした。この病院は皮膚科と整形が毎日の診察ではないのを知っていたので、問い合わせると今日はちょうど診察していた。
 診察は、頭のハゲ、魚の目、足の爪の水虫と一度に見てもらう。足は昨日見たときに”臭かった”ので先生に悪いなと思ったがしかたがない。たぶん匂ったはずだ。母は足の指の間を洗っていないと言ってたので、臭いの元はそれだろう。
 足の爪は思っていた通り”水虫”だ。痛みがでている所は”魚の目”で、足に3ヵ所魚の目がある。魚の目を切り取る処置をしたが、硬すぎてすごい魚の目だ、はさみで少しずつ切っている。痛みの原因は魚の目の中に穴が空いて出血しているのが痛みの元だった。
 頭のハゲ、爪の水虫、魚の目の傷の塗り薬を処方してもらい、今日から塗らないといけない。特に足は毎日洗ってから塗るので手間がかかる。毎日大変だ〜。

母が倒れてから652日
自宅で介護を始めて622日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 21:05 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

魚の目

 母が「イタ!」とよく言う、肩回りだとばかり思っていたが、今日は「どしたん」と聞いて見ると、魚の目が痛いとのことだ。どんな状態か見てみると、足の爪がものすごく変だ。痛いと言ってる辺りは、皮膚が硬くなっており”何かすごそう”。魚の目?のような気もするが、よく分からない。足の爪は前から爪が盛り上がっており”爪の水虫”じゃないかと思ったいたが、今はその盛り上がり方が大きくなってる。
 これは明日にでも皮膚科に行ってみようと思う。ついでに頭のハゲも見てもらうつもりだ。リウマチが良くなったと思ったら、今度は魚の目だ。咳も昨日ぐらいからよく出るようになってるし、色んなことが次から次へと湧いてくる。

母が倒れてから651日
自宅で介護を始めて621日
posted by ぼにん at 21:31 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

リウマチがよくなっている

 会社から帰ると、整形外科に院長が診察されているか確認し、整形外科へ行ってきた。1ヶ月ぶりの診察だ。前回リウマチを調べるため血液検査をしている。結果は”リウマチはよくなっている”、薬を減らし、効果の薄い薬に戻すとのことだ。先生が母に「手は痛うねぇかな」と聞くと、「痛うねぇなぁ」と返事する。私は”え!”と思い、指を真っ直ぐにしても痛がらない。そういえば母が「痛ぇのぉ」と言うのを聞かなくなっている、知らない間に良くなっていたのだ。なんにしても良くなってよかったものだ。膝の方も痛みが出ていないので、調子がいい。
 今回は薬を2ヶ月間処方してくれたので、膝がなんともなければ、次回は来年1月末ぐらいに行けばいい。

母が倒れてから650日
自宅で介護を始めて620日
posted by ぼにん at 21:29 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

耳が聞こえなくなると認知症になる人が多い

 少し前だがラジオで言っていた言葉を思い出した。「目が見えなくても認知症には影響ないが、耳が聞こえなくなると認知症になる人が多い。」と言っていた。ボケは耳はからなのだろうか?。
 友人が一度耳の聞こえが悪くなったので、すぐに病院に行くと先生が「すぐに来てくれれば難聴にならなくてすむ」と言われたと言っていた。”年だから耳の聞こえが悪くなる”とか思わずに、耳が遠くなったのか?と気付いたら、早めに病院に連れて行ってやるべきだ。
 年よりは自分で自覚がないことがあるので、定期的な診察はかかさないほうが良い。私の母も白内障を手術をしたが、定期的に目は近くの眼科に診てもらうつもりでいる。

母が倒れてから649日
自宅で介護を始めて619日
posted by ぼにん at 20:31 | 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

主治医の内科に2週間毎の検診

 この2週間の血圧は、朝:128/60〜170/84、夜:97/46〜171/91で、平均は137/72だ。血圧の変動が激しい、寒い日は高めの傾向だ。

主治医の内科に2週間毎の検診・・・
 今日は診察の待ち時間が長かった、4時半ごろ病院へ行ったのに診察できたのは6時を過ぎていた。家に戻るともう7時になっている。先生の机の上には次の人のカルテが何枚も置かれており、インフルエンザの予防接種の問診票がたくさんある。
 診察内容は、
1)頭にハゲができてるのを言うと、赤ん坊でも使えるローションを処方してくれた。シャンプー「メリット」に混ぜて髪を洗えば良いとのことだ。
2)血圧(166/70)、触診、など
3)先生「心臓の音が少し弱まってる」と言うので、昨日小さい音だが「ヒューヒュー」と音がしていたのを思い出したので、先生に伝えた。先生は今の薬で様子を見ましょうとのことだ。

母が倒れてから648日
自宅で介護を始めて618日
posted by ぼにん at 20:49 | 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

高血圧症治療薬新タイプ

 製薬会社のファイザーが、選択的アルドステロンブロッカーと呼ばれる新タイプの高血圧症治療薬「セララ」(一般名:エプレレノン)を11月中旬に新発売した。

 以下に同社ホームページのプレスリリースの内容を転記する。
●新しい降圧機序 世界初の選択的アルドステロンブロッカー
セララは、世界初の選択的アルドステロンブロッカーで、既存薬とは降圧機序が異なる新しい高血圧症治療薬です。降圧機序が異なるため、他の降圧薬で効果不十分であった患者さんにも効果が期待できます。
セララは、単独でも併用でも優れた降圧効果を示し、1日1回の投与で、24時間良好な降圧効果と長期投与においても安定した血圧コントロールを示します。また、世界的に食塩摂取量の多い日本人に特徴的な低レニン性の高血圧にも優れた降圧効果を示します。
●降圧効果と臓器保護作用
従来、アルドステロンは、レニン・アンジオテンシン・アルドステロン(RAA)系の最下流に存在し、腎臓の遠位尿細管において水やナトリウムの再吸収に関係するホルモンと考えられてきましたが、最近では、血圧の上昇に加えて心臓・腎臓・脳などに直接障害を引き起こすことが明らかになってきました。セララは、アルドステロンの受容体であるミネラロコルチコイド受容体に選択的に結合することにより、アルドステロンの有害作用をブロックして、血圧降下や臓器保護を示します。
●心疾患を伴う高血圧治療に推奨
アルドステロンブロッカーは、日本、米国、欧州のガイドラインで、心疾患に伴う高血圧治療に推奨されています。アルドステロンによる臓器障害は、特に食塩の過剰摂取の状態で問題となります。実験では、アルドステロンによる心筋細胞の肥大が、生理的高食塩状態で著明に認められることが示されており、食塩摂取量の多い日本人は、アルドステロンの障害を受ける可能性が高いと考えられます。その意味でも、セララは、日本人に適した降圧薬と考えられます。

 主治医の先生はこの新薬を知っているだろうか?、もし先生からこの薬の話が出ないようなら、機会を見てこちらから尋ねて見ようと思う

母が倒れてから647日
自宅で介護を始めて617日
posted by ぼにん at 20:22 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

神さんの”おかんき”

 今日の昼過ぎに、お坊さんがお講の供え物を持ってきてくれたようだ。お菓子に果物・餅などが入っている。夕食後、母が「神さんの”おかんき”が、かかっとるから、治してもらおうかのぉ」と言いながら、食べている。

 Seesaaブログにソーシャルブックマーク機能が追加された、2007年11月22日以前にブログを作成開いている人は、ブログ設定を変更する必要がある。ただし、記事コンテンツのHTMLを編集していると、ソーシャルブックマークが表示されないので気を付けてもらいたい。

母が倒れてから646日
自宅で介護を始めて616日
posted by ぼにん at 22:01 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

母はもうすぐ84歳

 今朝母が「昨日は○○が死んだ夢を見た、どしたんなら言うたねぇ」と話しだす。○○とは兄のことだが、”正夢になるんじゃないか”と思ったりもした。兄とは一度じっくり話をしないといけないとは思っている。昨日はまたあまり寝れなかったのだと思う、昼間以降はすぐウトウトするようになった。

 母はもうすぐ84歳になる。もうだいぶ年を取ったが内臓は丈夫そのもので!私と同じようなものを食べる。そんな母も脳梗塞で入院生活の時は”ぞうすい”や”ミキサーで細かくした食事”などだったので、退院後普通の食事は「顎が疲れた」と言って休み休み食べていた。3ヵ月も経てば普通に食べれるようになったが、風邪ぐらいは多少引くが病気もせず、体は丈夫なので助かっている。実際脳梗塞で入院するまでは、骨粗鬆の薬以外飲んだことがない。

母が倒れてから645日
自宅で介護を始めて615日
posted by ぼにん at 20:11 | 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

今年初めてストーブを点ける

 今日お講行列をしている。夜中の11時までお寺で催し物をやっている。今年は行列を覗いてみようかと思っていたが、兄がまた母に「私に頼んでくれぇ・・・・」と言って来たのを聞いて、嫌な気分になり行く気がしなくなった。今はちょうど午後8:30、行列が終わりこれからにぎわいが増す時だろう。

 今日は母がデイケアから帰るのが遅く、帰ってくるまでに部屋を暖めてやろうと思い、今年初めてストーブを点けることにした。去年付けていた血圧の記録票(この票の室内の温度も記入している)を見ると、去年は12月3日にストーブを点け始めている。室内の温度での比較だが、朝の温度が13℃になるのが去年より10日ほど早い。

母が倒れてから644日
自宅で介護を始めて614日
posted by ぼにん at 20:44 | 岡山 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

背中がかいいから、かいてくれ

 昨晩、母が寝る段になって部屋から私を呼ぶから、何かと思えば「背中がかいい(かゆい)から、かいてくれ」とのことだった。「服を脱いだらかゆうなった」ようだ。寒くなり空気が乾燥してるから、肌も乾燥してかゆくなるのだ。母が「もうえぇ、気持ちよかった〜」と言うまでかいてから、主治医の所で処方してもらっている保湿クリームとワセリンを塗って、かゆみを治めることに。これで治まるのか不思議だが、母は「かゆうのうなった」と言っている。
 その時に、頭の後ろがハゲていること、全体的にハゲている部分があることを言い、一度皮膚科へ行こうと言ってみた。「そうじゃのぉ、行ってみゅうかの」と言うので、近いうちに連れて行ってみようと思っている。

母が倒れてから643日
自宅で介護を始めて613日
posted by ぼにん at 21:56 | 岡山 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

お講の段取りも終わり

 昨晩、
私:「もうすぐお講じゃから、明日お墓に菊を供えに行ってくる」
母:「そこの菊はまだ花が咲いてねぇから、シャシャキでえぇが」
私:「去年も花が咲いてなかったのを供えたろぅ」
母:「そじゃったかのぉ、明日菊のえぇ所を取っとく」
と言う話をしていた。今朝もう一度”庭の菊を摘んどいて”と言おうと思っていたが、忘れて会社に行ってしまった。母は昨日の話を覚えていて、菊を摘んでるかな?と思いながら会社から帰ると、ちゃんと摘んでいる。
 お講袋と菊・線香などを持ってお寺え行き、まずお寺さんへお講袋を渡してからお墓に行ってきた。水を汲みお墓に行くと、11日の法事の時に供えた花が半分枯れかけている。よく見ると花刺しの水がなくなっている。一緒に供えた霊具膳・供具団子は跡形もなくなくなって、箸だけが転がっている。
 お墓の汚れもひどくない。簡単にホウキで掃いてから、菊の花を供えロウソクと線香を立てて、お講の段取りも終わりだ。

 母は法事の日から、お茶塔を忘れずにしている。

母が倒れてから642日
自宅で介護を始めて612日
posted by ぼにん at 20:42 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

ガスが点かない

 今朝目が覚めると5時半を回っていた。5時に目覚ましが鳴って消してから寝てしまった(-_-)zzz。寒くなると、つい布団の中でゴソゴソして起きようかと思って寝入ってしまう。急いで味噌汁とお茶を沸かそうと、ガスを点けると点火しない。アレ(゜_゜)と固まってしまう。母が先に味噌汁の下準備をしてあるから火がつくはずだと思い、違う点火口を点けると火がついた。3ヵ所ある点火口のうち1ヵ所が点かない。
 仕事の途中でガス屋に電話し夕方に来てもらうことに・・・。修理してもらい点火するようになったが、他の点火口も煮こぼれなどで汚れて故障してもおかしくないとのことで、有料になるが清掃をしてもらうことにした。我家のガスコンロはビルトインなので掃除の仕方を聞くと、電気系統などがあるので表面の部分しか出来ないようだ。ガスコンロの寿命は8年〜10年位とのことで、もう我家のガスコンロも寿命が来ている。
 日本LPガス団体協議会が省エネルギー対策の促進を図るため、省エネ基準100%以上に適合した高効率ガス機器のリース購入に対し、国の補助金制度があるとのことだ。修理・清掃をしてもらうと、今までは弱火の時に火がチラチラしてたのが無くなっている。当分は使えそうなので、来年以降もその補助制度があれば知らせてもらうことにした。
 我家の電化製品は一番新しいのが渡しのパソコンで、洗濯機は10数年前、テレビ・冷蔵庫も6年は経っている。炊飯器は20年以上も前のものだ。そろそろ炊飯器は替え時だろうか?

母が倒れてから641日
自宅で介護を始めて611日
posted by ぼにん at 21:07 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

医療関係の領収書を整理

 今日は今年の医療関係の領収書を整理することに...それにしても母の医療機関の領収書の多いことに感心する。受診した医療機関が7ヶ所もある。
 1つは主治医の内科、1つは整形外科(閉院した整形外科があるので2ヶ所)、1つは泌尿器科で有名は総合病院、1つは脳で有名な総合病院、1つは眼科(近くの眼科と白内障手術をした眼科の総合病院)だ。
 それに通所リハビリの領収書を含めると8ヶ所もの医療機関になる。一番多いのは主治医の内科で、2週間毎に通っているので少なくても26枚の領収書だ。
 来年の医療費控除はe−Taxで申告してみようかな?と思っている。たしか領収書を3年間保存義務があるが、仕組みが分かれば今後も便利のような気がする。ただ、e−Taxソフトのダウンロードをしないといけないならば、以前ダウンロードしたソフトでウィルス感染の問題が発生したので、行政のやることは同じ過ちを繰り返すことがあるので考え物だ。

母が倒れてから640日
自宅で介護を始めて610日
posted by ぼにん at 21:09 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

お講(お会式)

 昨日、お寺さんがお講袋を持ってきた。お寺さんの檀家だから、お講(お会式)までにお寺さんにお金を入れて持っていかないといけない。お墓に菊の花を供えるのを忘れないようにしないと・・・。
 お講は、日蓮聖人のお通夜、ご命日に行う報恩法要だ。毎年11月には聖人を偲ぶ万灯行列がとり行われ、地域の行事の一つとなっている。お寺の通りは提灯をつるし華やいだ雰囲気に包まれる。私も中学時代までは毎年楽しみにしていたが、高校生・社会人になるにつれ、この行列に参列しなくなっていた。母は脳梗塞で倒れる以前までは、よくお講を見に行っていたものだ。

母が倒れてから639日
自宅で介護を始めて609日
posted by ぼにん at 20:44 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

母の頭、最近髪が薄くなってきている

 母の頭、最近髪が薄くなってきている。何年か前にも1度ハゲが出来たことがあった。この時は皮膚科に行き薬をもらってきたが、しばらく付けていたが止めてから、知らない間に治っていた。これは精神的なことからきたハゲだと思っていた。兄と兄の子の心配からだ。
 今回はハゲと言うより、全体的に薄くなっている。前々から薄くはなってきていたが、最近気になるぐらいに薄くなっている。精神的なものだろうか?。兄達の心配だろうか?それとも私が怒鳴ったりするからだろうか?。

 私が怒鳴ったりした後、よく母は自分の部屋でベッドの横に頭を垂れて座っている。母は本当に私と一緒に居て幸せなのか?介護施設か老人ホームの方がいいんじゃないか?と考えたりもする。1度老人ホームへ入れるとボケが進んでしまうのじゃないかとも思う。母にとっての幸せななんだろうか?

母が倒れてから638日
自宅で介護を始めて608日
posted by ぼにん at 20:35 | 岡山 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

介護保険給付金支給決定通知書

 市の介護保険課からハガキが届いていた。何かと思い開けてみると「介護保険給付金支給決定通知書」と書いてある。10月下旬に工事した”玄関ポーチの改修工事”の給付だ。施工業者とケアマネージャーは工事終了から2〜3ヶ月かかると言っていたので来年かと思っていたが、1ヶ月もかかっていない。「この通知から1週間程度」と書いてあるので、来週には銀行口座に振り込まれる。
 ”不服の申立及び取消訴訟”についても書かれているが、9割の全額が支給される通知なので、なんの異議もない。

母が倒れてから637日
自宅で介護を始めて607日
posted by ぼにん at 20:14 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

日曜から大相撲が始まっていた

 11日の日曜から大相撲が始まっていた。法事やら母の病院やらで始まっているのを気付いたのは昨日のことだ。今朝母に「相撲があるから見られぇよ」と言って会社に出かけて行ったが、夕方帰るとテレビを点けて見ている。以前は白内障で霞んで見えるのでテレビを点けていないことが多かったが、白内障手術をして良い結果だ。

 寒くなると心臓に負担がかかると主治医が言っていたが、やはり10月下旬ぐらいから寒い日には血圧が高くなっている。特に朝の血圧が140〜150台が多くなっている。

母が倒れてから636日
自宅で介護を始めて606日
posted by ぼにん at 21:22 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

アリセプト1日2錠まで服用

 ケアマネージャーが来月のプランを持って来るので待っていると、なんと今回は12月と1月の2ヶ月分のプランを持ってきた。私が「12月は忙しんですか?」と聞くと、ケアマネージャーさんが来月は2週間程連続で休みを取るようで、今月にまとめて作成して持ってきたとの事だ。

主治医の内科に2週間毎の検診・・・
 寒くなり風邪なんかで体調を崩す人が多いのか、この時期になると待合室が混んでいる。今日もだいぶ待たされた。
 次が診察という時に母がトイレに行こうとする、そのタイミングで先生が呼びに来た。もう結構待たされてるのでトイレに行きかけた母が、向きを変えて診察室に向かう。母も早く終わらせたいのだ。
 診察内容は、
1)「アリセプトが1日2錠まで服用できるようになった」と説明を受ける
2)血圧(高いようだ)、触診、など
3)母をトイレに行かせ、私はインフルエンザの予防接種を受ける。私が外でインフルエンザにかかると、母に移してしまうかも分からないので、私も去年から予防接種を受けている。

 この2週間の血圧は、朝:97/60〜159/92、夜:104/60〜164/80で、平均は130/71だ。先生の所で測った血圧はだいぶ高いようだったが、トイレを我慢してるからだろうと先生が言っていた。

 アリセプト、効き目の効果が目に見えて分かりにくいし、母はたくさん薬を飲んでいるので日1錠でいい。先生も同じように思ってるようだ。それに、アリセプトは1錠500円もする、こんなに高価なものを日本全国の年寄りが1日2錠飲んだら、どのくらい税金が必要になるんだろう。

母が倒れてから635日
自宅で介護を始めて605日
posted by ぼにん at 21:25 | 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

母が寒いと言って布団に入っている

 会社から帰ると、母が寒いと言って布団に入っている。ゾクゾクはしないとのことだが、年のため熱を測ってみると平熱だ。今日は昨日に比べ3度ぐらい気温が低いからだろう。今日は主治医の内科に行こうと思っていたのだが、明日以降に行くことに変更。急に冷えると膝の調子が悪くなるのが心配だが、今の所は変な兆しなないようである。
 夕食の時には食欲があり、明日のデイケアを楽しみにしてるので大丈夫のようだ。
 昨日の夜、母が風呂に入るとき”魚の目”が痛いと言うので足を見ると、右足の薬指が紫色のようになっている。その薬指に魚の目があるのだが、魚の目より紫色が気になる。主治医に聞いてみようと思っているが、分かるだろうか?。母の足は蛇肌で、足先は全体的に色が変ではある。

母が倒れてから634日
自宅で介護を始めて604日
posted by ぼにん at 20:09 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

父の13回忌法要

 父の13回忌法要・・・用事で玄関先で挨拶するぐらいで、檀家であるお寺の本堂を見たのは今日が始めてだ。10時からお経が始まり約40分、最初のうちは正座をしていたが足が痛くなり、座禅スタイルに変更した。”お経を書いた「○○要典」”を身ていたが、どこを読んでいるのか分からない。分かっても坊さんのようにスラスラと読めないと思うが。
 お経が終わり、お墓に参り11時過ぎには無事、法要も終わることに。母はトイレが近く足も悪いので、拝んでる最中にトイレに立ったりするのを嫌い、残念なことだが1人家で留守をしていた。
 料理も食べ終わると、皆眠たいようで口数も少なくなり2時ごろには解散となる。私も眠くてたまらないので、皆が帰った後少しの間寝ることに・・・。行事事は精神的に疲れるものだ。

母が倒れてから633日
自宅で介護を始めて603日
posted by ぼにん at 17:35 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。