2007年11月06日

脳梗塞の新治療

 昨日のNHKスペシャルで「脳梗塞の新治療」をやっていた。番組は途中から見たのだが、興味をそそる内容だった。
 脳梗塞で傷ついた脳の神経を自らの細胞で再生させるという試みだ。患者本人の骨髄幹細胞の体内注入することにより、
●傷ついた神経細胞を修復
●新しい血管を作り細胞に栄養を与える
●幹細胞自体が神経細胞に変化、のど考えられている。
 患者本人の骨髄幹細胞を体内から取り出し培養、患者の静脈から注入するだけで、手術の必要は無い。臨床試験でも、脳梗塞を起こして1ヶ月半経つ人が、治療開始から5時間でMRI画像の白い部分(傷ついた神経細胞)が小さくなっているのが確認された。翌朝には動かなかった左手が動くようになるまで回復している。
 脳梗塞は、起きてから数時間で処置しないと細胞が死んでしまうと聞いたことがあるが、このような治療法が確立されればどんなにたすかる人が居ることだろう。
 この再生治療は心筋梗塞でも始まっている。

母が倒れてから628日
自宅で介護を始めて598日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 21:04 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。