2007年12月10日

寒くなり血圧が高い時がある

 この2週間の血圧は、朝:108/65〜193/97、夜:105/62〜153/80で、平均は135/71だ。寒くなり血圧の高めの日が多く、変動が激しい。

主治医の内科に2週間毎の検診・・・
 11月頃から診察が込み合うようになっている。今日もだいぶ待たされた感じだ。
 診察内容は、
1)足の魚の目の奥が潰瘍になってるので治療中と伝える。先生に糖尿病のことを聞くと、10月の血液検査では心配ないとのこと。次回診察時に血液検査をするので糖尿も検査項目に入れてもらうことにした。
2)血圧(180/80)、触診、など
3)足の浮腫みは気にするほどではなく、このまま様子を見ましょうとのことだ。
 先生が「お母さんの容態が安定してるなら薬だけ取りに来てもいいですよ」と言ってくれたが、母を外に連れ出し歩かせる目的もあるので、一緒に連れて行き診察してもらうことにしている。

母が倒れてから662日
自宅で介護を始めて632日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 21:26 | 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

足が浮腫んでいる

 昨日の夜足を洗う時に気付いたが、足が浮腫んでいる。最初”足の甲が膨れてるな”と思っていたら、母が「そこが、ぎんばっとるのぉ」と言って気付いた浮腫みに気付いた始末だ。去年はこの時期に浮腫みはでなかったので安心していたのもある。今朝は浮腫みも弱まっていたが、夜になるとまた浮腫んできている。明日は主治医の所に検診に行く予定にしているので見てもらうが、たぶん利尿剤が追加になると思う。

 12月に入り母の部屋のシャッターを閉めるようにした。母の部屋にある窓は背丈以上もある大きな窓で、一応ペアガラスにはなっているが窓の近くに居ると寒さが凍みてくる。シャッターを降ろすとこの凍み具合が違う。昨日の朝は、このシャッターを開けるのを私が忘れて会社に行ってしまった。母は「なかなか開かなんだでぇ」と言ったが、何とか開けたみたいだ。

母が倒れてから661日
自宅で介護を始めて631日
posted by ぼにん at 19:07 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

母の医療費給付通知

 母の医療費給付通知が送られてきた。去年は1ヶ月の医療費が高額になり老人保健高額医療費の自己負担限度額を越える月が多かった。今年は越えてはいないだろうと思っていたが、7月に越えていたようで払い戻しされた。金額は大したことはないが還付されるのは嬉しいことだ。

母が倒れてから660日
自宅で介護を始めて630日
posted by ぼにん at 21:08 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

オッシコで布団が濡れている

 今朝起きて母の部屋を見ると、オッシコで布団が濡れている。紙オムツをしているし、布団には防水シーツをしてるのに、何故濡れるのか分からない。どうして濡れたか聞いても、ハッキリした答えは本人も分からないんじゃないかと思うので聞いていない。たぶん寝ぼけ眼でトイレが分からなかったんじゃないかと思う。今居る場所やトイレが分からないことが稀にある。

 昨日から咳はしなくなり風邪は良くなったようだ。風邪薬がまだ残っているので、無くなるまで服用させようと思っている。たぶん明日まであるはずだ。

 今日は魚の目の診察に皮膚科へ行ってきた。前回処置した場所は良くなっている。前回魚の目の厚い皮を切った所が内出血のようになり痛みがあるので、皮を切っていくと、こちらも穴があいて傷になっている。こちらは1円玉ぐらいの大きさの穴だ。その奥に小さな穴が5mmぐらいある。骨までは行っていないとのことだ。「こんなの治るのか」と聞くと「時間はかかるが治る」そうで、潰瘍のようなものだとのことだ。糖尿病の人が多くなるとのことだが、主治医は糖尿病にはなっていないと言っていた。患部を清潔に洗い、消毒・薬を塗る作業まだまだ続きそうだ(・・;)。

母が倒れてから659日
自宅で介護を始めて629日
posted by ぼにん at 21:44 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

すぐに居眠りをする

 ここ1週間ほど前から、すぐに居眠りをするようになった。体温を測るのに脇の下に体温計を置き、30秒もしないうちに「グーグー」とイビキをかく。昼間はどうしているのだろうか?と思う。会社から帰ったときは気にはならないが、夕食後がものすごく気になる。「便所に行こうかの」と言ってテーブルに手を置いたはいいが、そのまま寝ている。すぐに頭をコクコクさせるか、「グーグー」とイビキをかいてしまう。「なんでそねん寝ぶてん?」と聞くと「寝とりゃせん、目をつぶっとるだけじゃが」と分かるような嘘をつく。カチンときて、つい声を荒げてしまう。
 今日は、この繰り返しを何回やったか!。最後には「はよう寝ぇ」と言ってしまう。母が自分の部屋に行った後、ドット疲れが湧いてくる。本当はこんな言い方は良くないのは分かっているのだが・・・。

母が倒れてから658日
自宅で介護を始めて628日
posted by ぼにん at 21:45 | 岡山 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

”介護事件”のニュース

 今朝、右膝に痛みがあると言うので会社から帰って整形外科に行くつもりでいた。ただどこの整形に行こうか迷っている、リウマチに通っている整形は距離があるので、膝の治療(水を抜く)だけでワザワザという気がする。去年行った整形は膝の水を抜いた翌日に、ただ消毒するだけのために通わないといけない。母が通っているデイケアに併設してある病院のも整形がある、ここの病院の評判を聞かないので良い病院とは言いがたい。水を抜くだけなので、もしデイケアに行く日に膝の調子が悪かったら、昼間にでも見てくれるようになってるはずなので、ここに決めた。
 会社から帰り、デイケアに併設している病院で診察を受けると、水が少し溜まっているが、抜くほどのことではないとのことだ。夏まで通っていた閉院してしまった整形の最後の診察でも、少し水があるが抜くほどではないと言っていた。たぶん魚の目をかばって歩いてるから、膝に負担がかかり痛みがでたのだろう。

 病院の待合室でテレビを見ていると、”介護事件”のニュースをしていた。年々、介護苦から事件が増えているとのことだ。61歳の息子が80代の母親の介護をしている場面が出ており、「頭にくることが多い」と言っていた。この男性は妻と子供を家に残し、母親の面倒を1人で見ている。家族がありながら1人で背負わないといけない介護、今の時代を象徴しているかのような薄らぐ家族の絆。今後、世話をするものがいない老人が増えていくのではないかと思う。

母が倒れてから657日
自宅で介護を始めて627日
posted by ぼにん at 20:56 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

母は私に”悪いと思っている”

 今朝、デイケアに電話し今週は休みにしてもらった。風邪を引いてから今日で1週間風呂に入っていない、咳はまだすこしあるが鼻水は出なくなっているので、今夜は風呂に入るように言うと、母も入ろうと思っていたようだ。

 今日の夕食は牡蠣鍋にした。母が野菜や牡蠣を準備していてくれたので、私が鍋を作るだけだ。私が作っている間、母は様子を見たり椅子に座ってゆっくりしている。話は飛ぶが9月ごろから日曜日に各部屋やリビング、納戸、便所などの大掃除をしている。この時も母は様子を見ている。便所の便座を外したり、家具を移動しながら掃除している私の姿を見て、「そんなことまでせんでもえぇ、どの家もしょうらんで」と言う。
 私が自分の時間を潰して家のことをしてるので、”悪いと思ってる”のが感じ取れる。でも母は60歳の定年になるまで仕事をしながら、子供3人を育て、家事を全て1人でし、父が入院したときも1人で付き添い看護をしてきた。定年後もゆうくりすることなく、孫の面倒を見たりする。一時期は兄が家に帰らなくなり、1年間ほど自分の年金で兄の子供3人を養い、自分は胃潰瘍になったほどだ。私はこの時県外に行っており、出来るだけ週末には帰るようにしていたが、母の手助けにはなっていない。この後、兄家族には家から出て行ってもらい、私と母2人で暮らしている。
 家は私が兄夫婦のために頭金を出し半額ほど兄のローンにして、私と母も一緒に住むように建てた家だ。私は県外で仕事をしていたので、ゆくゆくは私は出て行こうと思っていたが、兄の離婚に始まり兄が家に帰らなくなってから、状況が変わってきた。

母が倒れてから656日
自宅で介護を始めて626日
posted by ぼにん at 20:48 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

足の痛みは包帯が原因

 昨日寝るときも足の傷が痛むらしく、電気毛布から足を出して寝ていた。今度から朝薬を付けるようにしようと思っていたが、会社から帰り足のどこが痛いのか確認すると、どうも足の傷じゃなく包帯がきついのか痛むところが違う。包帯を取ると痛みがなくなるようだ。じっくり足をみると傷のある指と隣の指の間があかぎれ見たいになっている。これが痛む原因かと思って消毒薬を吹きかけてみる、痛みはないようだ。やはり包帯か、ガーゼの当たり具合か、ガーゼが厚みがあったので指が押し上げられる形になって痛みがあったのか、どれからろう。今はもう包帯は止めて、薬を塗って乾かすだけにした。

 母の咳、鼻水の風邪症状が止まらない。主治医の所に風邪薬だけもらいに行こうと思ったが、素人判断は止めて母を連れて行って見てもらうことにした。
 先生の診察は、”胸は綺麗な音をしてるので肺炎の心配は無い。咳を鎮める薬と痰の切れをよくする薬、それに念の為に抗生物質を処方”だ。
 土曜ぐらいから咳き込みが続くと、ウンコがチビチビと出ていたが、今日もまだ続いてるようだ。咳もありウンコもチビチビしてるので、明日のデイケアは休むことにする予定だ。

母が倒れてから655日
自宅で介護を始めて625日
posted by ぼにん at 21:19 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

水曜から咳をよくするようになった

 母は、昨夜足の傷が疼いて寝れなかったとのこと。朝足の傷を見たが別に腫れてるとか異常はない。一応消毒しなおしてみた。
 朝のうち布団に入ってると、また痛み出し電気毛布から足を出すとよくなるとのことだ。暖かくすると痛むみたいだ。何故だろう。

 水曜から咳をよくするようになった。ひどく咳き込むときもある。月曜に主治医の先生に咳止めの貼り薬をもらっているが、良くならない。今日は咳に加え鼻水も出ている。薬局で咳止めを見に行ったが、母はいろんな薬を飲んでいるので、やはり医者に処方してもらった方がいいだろう。明日主治医の所に風邪薬を出してもらいにいくつもりだ。
 水曜から咳き込み出したのは、火曜のデイケアの風呂が原因じゃないか?と気にしている。去年、デイケアの風呂は寒いと言っていたからだ。風呂に入ると最初シャワーを掛けて身体を洗い、湯に浸かるようなのだが、最初のシャワーが「寒うていけん」と母は言っている。

母が倒れてから654日
自宅で介護を始めて624日
posted by ぼにん at 20:40 | 岡山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

師走

 月日の経つのは早いもので、いつの間にか12月になっている。12月は師走(しわす)とも言われ、由来は”坊主が走り回るほど忙しくなるから”との説もある。大人になり年を取ると共に1年が短く感じられる、時間に追われる生活がしみついて、年々1年が短くなるのだろう。スローライフとは程遠い・・・。
 母は時間に追われる生活じゃなく、デイケアに行ってる日は別だが、昼間は1人でたいくつだと思う。1年はどう感じてるのだろうか。昨日も「もう12月、正月も直来るで」と言ってたので、短く感じてるのかも?。

 足を綺麗に洗い、”足の爪の水虫”は、 盛り上がっている爪をやすりで擦ってから、爪の脇に沿って薬を塗る。”魚の目の中の傷”は、傷を消毒し薬を塗る。と先生は言っていた。
 昨晩足を洗ってから、足の処置に取り掛かる。まず”足の爪の水虫”はやすりでこすったぐらいでは盛り上がりが削れない。爪切りで少しずつ切っていくことにした。でも1日では切りきれない。毎日少しずつ切っていくことに。盛り上がっているのは親指だけなんだが、1cmぐらいは盛り上がっているようだ。先生が言うには、爪を新しく生やさないと治らないと言っていた。
 ”魚の目の傷”の処置は簡単に終わる。ただ消毒薬を吹きかけると「しみる」ので母は痛がる。
 ”頭のハゲ”は大きく抜けているところが数箇所あり、頭全体に薬を塗る感じになってしまう。

 この作業いつまで続くのだろうか?。今夜は冷え込んできてるし、もう少し暖かい時期に病院に行っておけばよかったと悔やんでいる。

母が倒れてから653日
自宅で介護を始めて623日
posted by ぼにん at 22:09 | 岡山 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。