2007年12月01日

師走

 月日の経つのは早いもので、いつの間にか12月になっている。12月は師走(しわす)とも言われ、由来は”坊主が走り回るほど忙しくなるから”との説もある。大人になり年を取ると共に1年が短く感じられる、時間に追われる生活がしみついて、年々1年が短くなるのだろう。スローライフとは程遠い・・・。
 母は時間に追われる生活じゃなく、デイケアに行ってる日は別だが、昼間は1人でたいくつだと思う。1年はどう感じてるのだろうか。昨日も「もう12月、正月も直来るで」と言ってたので、短く感じてるのかも?。

 足を綺麗に洗い、”足の爪の水虫”は、 盛り上がっている爪をやすりで擦ってから、爪の脇に沿って薬を塗る。”魚の目の中の傷”は、傷を消毒し薬を塗る。と先生は言っていた。
 昨晩足を洗ってから、足の処置に取り掛かる。まず”足の爪の水虫”はやすりでこすったぐらいでは盛り上がりが削れない。爪切りで少しずつ切っていくことにした。でも1日では切りきれない。毎日少しずつ切っていくことに。盛り上がっているのは親指だけなんだが、1cmぐらいは盛り上がっているようだ。先生が言うには、爪を新しく生やさないと治らないと言っていた。
 ”魚の目の傷”の処置は簡単に終わる。ただ消毒薬を吹きかけると「しみる」ので母は痛がる。
 ”頭のハゲ”は大きく抜けているところが数箇所あり、頭全体に薬を塗る感じになってしまう。

 この作業いつまで続くのだろうか?。今夜は冷え込んできてるし、もう少し暖かい時期に病院に行っておけばよかったと悔やんでいる。

母が倒れてから653日
自宅で介護を始めて623日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 22:09 | 岡山 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。