2008年01月31日

日が長くなってる

早いものでもう1月が終わりだ。
1日1日と日が長くなってるのを感じる。

2週間ほど前、病院に向かう時5時半前にはもう薄暗くなっていたと思うが、今日は6時前頃にようやく
薄暗くなりかけた。

今日は風呂に入っているので着替えがあると思っていたが、
行ってみると寝巻の洗濯物が2枚ある。
たしか昨日は洗濯物はなかったハズ。
母に「2枚着替えたかな」と聞いても「1枚しか着替えるもんか」だ。

まぁ何かの拍子で濡れたのだろう・・・。

母が倒れてから714日
自宅で介護を始めて684日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 21:06 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

確定申告の時期

確定申告の時期がやってきた。

紙オムツの医療費控除をするのに、去年主治医に「オムツ使用証明書」を書いてもらっている。
今年からはオムツ控除の申請をするだけで良い。
と思っていたら、介護認定をした時の主治医の意見書に”オムツ使用”になっていないと、
申請だけでは通らないとのことだ。
申請だけはしておいたので、数日後”控除該当”になってるか郵送されてくる。
”該当”になっていなければ今年も主治医の「オムツ使用証明書」が必要だ。

今日は早めに病院に顔を覗かせると、まだ夕食前だ。
いつも食べ終わった後なのでどんなオカズか見ていなっかたが、
本当に質素なオカズで味も薄味という感じだ。

母が倒れてから713日
自宅で介護を始めて683日
posted by ぼにん at 20:53 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

右足の付け根の骨の傷み

昼過ぎに入院している病院の主治医から電話があり、
今の症状の原因は”右足の付け根の骨の傷み”とのこと。
またパーキンソンあるいはリウマチではないとのことだ。
今後は紹介のあった整形でリハビリ指導となる。

兄や姉に電話をしても、退院後どうするかどちらも話題にしない。
母を昼間1人にはできないのに、どうしたものか・・・。

ベランダに積もっている雪を落としたり、洗濯物をコインランドリーで乾燥させたりしていると、病院に行くのが遅くなる。今日は洗濯物を持って行っただけでほとんどとんぼ返りだ。

母が倒れてから712日
自宅で介護を始めて682日
posted by ぼにん at 20:40 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

冬来たりなば、春遠からじ

会社から帰りがけは霙のような雨が降っていたが、
母の病院に向かう時には雪へと変わっている。

今日は風呂の日だったので洗濯物がたくさん出ている。
明日の朝は冷え込むだろう、「洗濯かぁ」と少し面倒だ。

当初は入院の予定が2週間だったが、薬がもう2週間分出ている。
今は入院が延びて助かる。リハビリで歩けるようになってもらいたいものだ。

二十四節気の大寒(1月21日〜2月3日)は、一年で寒さが厳しい時期だ。
暦通りの冷え込みで、
20日の昼過ぎから翌朝に掛けて雪が降り、
今日も夕方から雪が降り続いている。
「冬来たりなば、春遠からじ」。
この言葉は、イギリス・ロマン派の詩人シェリーの詩「西風への頌詩」の結びの言葉だ。
本当に春が待ち遠しい。

母が倒れてから711日
自宅で介護を始めて681日
posted by ぼにん at 20:36 | 岡山 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

看護士の詰め所から声が

夕食の”すき焼き”の準備だけして、母の病院へ。
今日の夕食は”すき焼き”だ、明日の分まで作っておく!。

3時を少し回っていたと思う、
病室に入ると寝たきりの女の子(20代かな?)のオムツを替えている最中だ。
看護士さんが「息子さんが来たよ、良かったなぁ待ちょうたんじゃろ」と母に声を掛ける。
母は別の看護士と「ご飯はまだかな」と話をしてる。
「まだ3時かぁ、5時かと思ようた」と言っている。部屋の中ばかりだから時間の感覚がおかしい。

看護士さんが「フラットタイプのパッドとテープ式の紙おむつの方が本人も気持ちいいと思います」
と言うので、明日用意してこようと思う。

車椅子を借りてテレビのあるデイルームへ。
母が「大きいのじゃねぇといけん」と言うし、40分ぶらい掛かるよと言って母を残し紙おむつを買いに出かけることに。
買ってくると母がデイルームに居ない、看護士の詰め所から声が・・・。
私がなかなか帰らないので、看護士の方が見ていてくれたようだ。
さぞかしうるさかったことだろう。

結局兄と姉は来なかった・・・やはり自分たちは萱の外だ。

母が倒れてから710日
自宅で介護を始めて680日
posted by ぼにん at 21:39 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

兄と姉は病院に行くかなぁ

今日は夕食の時間に間に合うように行ったのだが、
病院の夕食が早く出されていて、もう終わるところだ。

食事の時はいつもベッドの横に腰掛けて食べていたのに、
今日はベッドの背を起こして食べていた。
腰がだるくて仕方がないようで、食べ終わると早く横になりたがる。
原因は分かるのだろうか?・・・。

明日は日曜日だ、兄と姉は病院に行くかなぁ?・・・。

母が倒れてから709日
自宅で介護を始めて679日
posted by ぼにん at 20:45 | 岡山 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

夜中はぐっすり眠られてますよ

ようやく脱水漕が直った。
同じ型の洗濯機の取り付けを見てきたようで10分ぐらいで作業は終わる。
昨日もそうしてくれれば良かったのに(ーー;)。
値段の事は何も言わずに帰ろうとしたので、「いくらですかぁ」と声を掛けてみた。
本当は文句を言いたいが古くからの付き合いのある所なので今回は何も言わないでおくことに・・・。

近くの特別養護老人ホームに申込書を持って行ったりしてると、結局今日も病院に着いたのは夕食が終わった後だ。

看護士の方に「夜中は騒いだりしますか?」と聞くと、
「ここに来られた最初の頃はありましたが、今は夜中はぐっすり眠られてますよ!」とのことだ。
母のことだからぐっすりとは寝ていないとは思うが、騒いでないなら安心だ。

昨日見られた幻覚は今日は出ていない。

母が倒れてから708日
自宅で介護を始めて678日
posted by ぼにん at 21:15 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

面会時間に間に合わない

先日故障した脱水漕のバネを交換しに来てくれたが、1時間半経っても取り付け出来ない。
もうそろそろ母の病院に行かないと面会時間に間に合わない時間になってしまう。
「明日にしてください」と言い、すぐに病院へ。

病院に着くともう母は横にまっており、私が顔を覗かせると「庭先に鍵がかかっとるが、どしたんなら」と訳の分からないことを・・・。
「えっ、1日顔を見せなかったらボケが進んだ!」と考えたが、後は普通に話が出来た_(._.)_。
帰りがけに「小便が出たから看護婦に変えてもらおうか」と言うので、私が変えてやろうとすると、尿ぱっど3枚、テープタイプの紙おむつ、履くタイプの紙おむつ、をしている。
夜中にオッシコを相当しようが漏れないようにしているのだろう。でもすごい。

母が倒れてから707日
自宅で介護を始めて677日
posted by ぼにん at 20:54 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

病院を退院したら母をどうしようか

近くの特別養護老人ホームへ見学に行ってきた。
2年前の10月に一度ショートステイを利用したところだ。
待機者がなんと!、50名定員で500名近く居るとのことだ。
単純な順番ではなく、緊急度や他の施設を利用してるなど考慮事項があるようだ。

今入院してる病院を退院したら母をどうしようかと思っている。
有料老人ホームが空いてる所があるが、もし特養までの期間入所していて、有料施設に入ってるからの理由で後回しにされても困る。
姉に相談しても解決策は見つからないのは分かっている。
兄の子を一時的に家に来てもらうよう、兄に相談しかないかぁ・・・。

特別養護老人ホームの見学が早くに終わったので、病院に行こうか迷った。
これからも施設に入ったりしたら毎日面会なんか行けないことだし、今日は予定通り止めにした。

母が倒れてから706日
自宅で介護を始めて676日
posted by ぼにん at 20:18 | 岡山 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

ケアマネって?

今日は兄と姉が少し遠いが評判の良い施設に見学に行ってきた。
最近改築したようで廊下や部屋などが明るい雰囲気で、山間にあるので見晴らしもいいと言っている。
申込書を持って帰ってるので近々送るつもりだ。

今日は1日中に雨を交えた曇り空で寒く、会社から帰っても洗濯物が乾いていない。
明日は私が家の近くの特別養護老人ホームに見学に行くので、病院に行けない。
コインランドリーで洗濯物を乾かし、母の寝巻や下着、バスタオルを持って行った。
今日もちょうど夕食が終わったところだ。
病院から帰りに「明日は用事があるから来れんから」と伝えると、「来んでえぇ、家出ゆっくりせぇ」と言う。実際は顔を覗かせてほしいと思ってるんじゃないかと思うのだが・・・。

夕方ケアマネに今の状況を電話で話をし、最後に「また状況を教えてください」との挨拶で電話を切る。
ケアマネって「担当している人の身近な存在じゃないのか?」。この前も私が仕事している間どうしようかと電話したが、こちらで”このようにしてもらいたい”と言わないといけない、「一緒にどうするか相談に乗ってくれる存在じゃないのか?」。
毎回変わらないケアプランを月に一度持ってくるだけなら、こんな人要らないと思うのだが・・・。

母が倒れてから705日
自宅で介護を始めて675日
posted by ぼにん at 21:16 | 岡山 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

風呂に入り寝巻も着替えサッパリ

昨夜、「ドサッドサッ」と言う物音で2回も目が覚める。
1回目は「何の音?誰か入る?」とビックリ!。
どうやら外から聞こえてくる、窓から外を見るとまだ雪が降っている。積もった雪が屋根から落ちた音だろう。
2回目は「またかぁ」と思い、「明日は車大丈夫かなぁ、道が混むだろうなぁ」と考えながら寝入る。

夕方会社から帰り、2階に干している洗濯物をしまってるとベランダに雪が30cmぐらい積もっている。今日は母の夕食前に病院に行こうと思っていたが、ベランダの雪掻きをしていたら、結局病院に着いた時には夕食が終わりかけていた。

今日は風呂に入り寝巻も着替えサッパリした感じがする。本人は「機械でシャワーを浴びるだけ、身体を洗いもせん」とブツブツ言っている。
日中は検査で病室を行ったり来たりすぶので気がまぎれるが、「これからが長ぇ」とのこと。
話す相手も居ない、ただ座るか横になるだけ、退屈なのは分かる・・・。

母が倒れてから704日
自宅で介護を始めて674日
posted by ぼにん at 21:52 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

一面雪景色

2時過ぎに病院へ向かうと途中から雪がチラホラしてくる。
今でも振り続け一面雪景色だ。

病院に行くと母のベッドが空。
看護士さんが「家族の方と食堂に居ますよ」と教えてくれ、兄と姉夫婦がすでに来て母を交えて話をしている。

病室ではなかなか喋りづらいが、食堂で皆と久し振りに母もたくさん話が出来ただろう。
ベッドに連れて行くと久し振りに話して疲れたのか、「今日は冷える」と言って布団を首まで深く掛け少し寝入っていた。

寒い日は暖かい風呂に浸かって早く寝るに限る。

母が倒れてから703日
自宅で介護を始めて673日
posted by ぼにん at 19:26 | 岡山 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

社会福祉法人の施設を見学

会社から帰り、夕方に姉と2人で社会福祉法人の施設に行ってきた。
家からもそう遠くなく昔から評判の良い施設だ。
老人保健施設と特別養護老人ホームの説明を聞き見学。

老人保健施設は半年から1年待ち、特別養護老人ホームは5年待ちとのことだ。
ほぼ順番待ちで、上位60人に入ると再調査し入所判定の運びとなる。
施設を見学すると中々感じがいい。部屋は2人部屋と4人部屋のみだ。
老健・特養どちらも申込だけしておいた。

この後、
病院に行くと今日も食事中だ。
6人部屋で母1人だけ座って食べている。ほかの人は寝たきり状態だ。
尻の辺りはまだひょんなげなとのこと。
「日が長ぇ、夜中の長ぇこと」と言っている。
母は本を読むとか何もしないから余計に長く感じるはずだ。
家ではしようと思えば家事や掃除があったので、1人でも退屈しのぎにはなっていたのだろう。

母が倒れてから702日
自宅で介護を始めて672日
posted by ぼにん at 20:58 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

脱水漕が回らない

 今朝洗濯をしていると脱水漕が回らない。我が家の洗濯機は二層式だ。1回目は回ったのだが2回目のタイマーを回すとタイマーだけが「ジ・ジ・ジ・・・」と音を立てるだけ。脱水漕の蓋がかすかに開いているのが原因だと思うのだが分からない。昨日が病院の風呂の日で母の着替えもあったので洗濯物も多少あったがどうしようもない。仕事中に電気屋に電話し夕方来てもらうことに・・。
 調べてもらうと、蓋についているバネが折れて外れているとのことだ。バネを取り寄せないといけなく、在庫次第だが来週の火曜ぐらいにはなるようだ。それまでバネで押し上げていたワイヤーを手で上げないと回らない。仕方がないことだがそうするしかなく、面倒なことだ。

 洗濯機も一段落してから病院に行くと、ちょうど夕食を食べていた。母が昨日言っていた「ここのはご飯は量があるがおかずが少のうていけん、あっちの(リハビリ)はそろうとった」は、本当だ。質素なおかずだった。以前脳梗塞で入院した病院はもっとおかずの種類があったのだが。高血圧食で出てたからかもしれないのが・・・。今日は30分ばかりリハビリをしたと言っている。

母が倒れてから701日
自宅で介護を始めて671日
posted by ぼにん at 20:11 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

母が居るべきベッドが空っぽ

 夕方歯医者で定期健診を受けてから、母の居る病院に向かった。着いたのは6時半ぐらいだ。
部屋の入り口のネームプレートに母の名前が無い!、中を覗くと母が居るべきベッドが空っぽ。
看護士に尋ねると「○○の部屋に」と言って案内してくれる。
カーテンが閉まっているので、開けると入れ歯を外した母が居た。
母に「何で変わったん」と聞くと、ちょうど隣に居た看護士が「夜中騒いだりドンドン叩くから、寝られないとの苦情で、こっちの部屋は少々大丈夫だから」とのことだ。

 2日目の夜でダメだった(^_^)。

母が倒れてから700日
自宅で介護を始めて670日
posted by ぼにん at 20:52 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

母の部屋の片付け

 今日は会社に休みを取っている。母の部屋の片付けと入院の必要なもので昨日足りなかったものを用意
したりするためだ。
 去年の12月下旬初め頃から万年床になっていた母の部屋。ベッドと布団を片付けて、服の大洗濯だ。敷パッドや布団と枕カバーなどの洗濯と布団干しは今度の休みの晴れた日にすることに。
午前中は片付けに費やし、午後から母の所へ。
2時前に病院に行くと、母がベッドに横になっておとなしくしている。
昨日の夜は何事もなくよく眠れたようだ。認知症も進んでいる様子はない、これからどうなるかだ。
3時から脳のMRIを撮りに病室を出て行った。
4時過ぎに帰るが、それまでウンコが出ていない。私が居る間に出てくれればと思ったのだが・・・。

母が倒れてから699日
自宅で介護を始めて669日
posted by ぼにん at 18:30 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

検査入院

 兄に母を病院に連れて行ってもらう。仕事をしながら入院できるだろうかと”いらいら”していると昼前に兄から電話だ。「入院できたから」と言うので一安心!。「重病患者を扱ってるので」と言われたたようだが、2週間程度の検査入院の運びとなった。日曜に入院の準備をしていたので、姉に午後から病院に荷物を持って行ってもらった。足りないものもあり買い足してから行ったようだ。
 会社から帰り、病院に向かうと丁度母が検査をしに移動している所だ。神経内科の先生と話すことができ、パーキンソン病のようには思えない、身体の強張りもないし歩き方もそのようには見えないとのこと。入院中にパーキンソンの検査も行う予定とのことだ。

母が倒れてから698日
自宅で介護を始めて668日
posted by ぼにん at 21:27 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

成人式

 昨日は成人式の集いがあった。兄の一番下の女の子が今年成人式だ。母もこの女の子に去年のうちにお祝いを渡していた。母は「○○は、成人式に行ったかのぉ。写真だけでも撮ったじゃろうか?」と今朝から何度も言う。母は成人式が今日のものと思って昨日兄が来たときに何も言わなかったのだろう。兄も○○が成人式はどうしたか言ってやれば良いものを・・・。

 母は自分のことより孫や私達子のことをいつも優先して考える。2〜3日前だったか、「入院どうなるかのぉ、死んでもまだ皆を守らんといけん」と言っていた。最後まで心配して死ぬのだろうか・・。亡くなった父に”母を老衰で安らかに天国へ導いてくれるよう”お墓に行くとお願いしているのだが。

 明日は病院に兄が連れて行く、入院できるといいのだが。

母が倒れてから697日
自宅で介護を始めて667日
posted by ぼにん at 17:46 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

有料老人ホームを見学

 午後1時前に兄と姉が来て、姉は入院の準備、私と兄は有料老人ホームを見学に行ってきた。
 有料老人ホームは部屋により値段が多少異なるが、南に面した窓の部屋で約¥140,000/月だ。これは家賃、食事、管理費の料金で、介護度に応じた料金とその他日用品費が必要となる。だいたい¥17万〜¥18万だろうか・・・。病院に入院して検査し原因を調べ改善を図るのが先で、入居するにしてもそれからだ。別にキャンセルしても構わないので、とりあえず仮申込で部屋だけは押さえておくことに。
 母が入院している間に、介護認定の変更申請と特別養護老人ホームも見学しておくつもりだ。運がよく早めに特別養護老人ホームに入居できれば、今後の費用もだいぶ楽になるのだが。

母が倒れてから696日
自宅で介護を始めて666日
posted by ぼにん at 21:17 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

明日から大相撲初場所

 明日から大相撲初場所だ。出場停止処分から3場所目に復帰する横綱朝青龍の取り組みが気になる。去年暮れには「相撲はまだかのぉ、年明けたらすぐじゃ」と言ってた母、たぶん今の状態だと見ないんじゃないかと思う。テレビだけでも点けておけば気になって見るかも・・・。

 今日、姉と兄が親戚の紹介の療養病棟がある病院に行ってきた。むこうが詳しいことを言わなかったので、あまり聞いていないとのこと。先生が病院を紹介しましょうかと言ったようだ。この病院は、内科と産婦人科で、思うに、母の状態だとこの病院では無理だと思われたような気がする。

 夕食後、「えらい」と言うので早めにベッドへ、横になると楽になったようだ。胸は苦しくなく息が「はぁはぁ」と聞こえる。

母が倒れてから695日
自宅で介護を始めて665日
posted by ぼにん at 20:31 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。