2008年01月02日

パーキンソン病の薬を飲みだしてから

 パーキンソン病の薬を飲みだしてから、
●腰の痛み・食欲不振と下痢気味のウンチが1週間ぐらい続く。
●その後、腰の痛みは”腰から下が痛くはないが気持ち悪い母の別な表現”だるうてひょんなげな”)に変わる。食欲は徐々に元に戻り、一時便秘気味になったが、現在は日に1〜2回出ている。
●今日まで”だるうてひょんなげな”は続いており、12月30日からベッドから起き上がることが出来ない状態だ。起き上がりベッドに腰掛けても、すぐに腰がくだけるみたいに後ろへ倒れてしまう。一度立ち上がらせ歩き出させると、後は自分で何とかなる。

 食欲不振などは薬の副作用と思うのだが、腰の痛みや”ひょんなげな”は、パーキンソン病の症状なのか?それとも薬の副作用なのか?、1月4日の診察まで待ち遠しい。
 主治医の2週間毎の診察は「もう行く日か」と思うのだが、今回は2週間後の神経内科の診察が長く感じる。

母が倒れてから685日
自宅で介護を始めて655日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 17:33 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。