2008年01月03日

ウンチがドッサリ

 朝3:30ごろ母が「○○、堪えてくれぇのぉ」と言う声で目が覚める。寝言を言ってるのだと思い気にしないでいると、今度は「○○よぉ」と言っている。
これは呼んでるのだと思い、母の部屋へ!
ベッドの上で仰向けで足を上げている母が居る。赤ん坊が”だっこ”と言ってる格好だ。
紙オムツの中にウンチがドッサリと出ている。
寝間着のズボンや毛布に大量のウンチ、上布団のシーツや寝間着の上に少しのウンチ、毛布の下の
敷きパッドにも少し、その下の介護シーツにも少し染みている。
とりあえず風呂の追い炊きをしながら、お尻周りをタオルで拭き風呂場へ。
シャワーでウンチを綺麗に落としてから、風呂に入れ温もらせる。
シャワーで洗ってる最中に、またウンチが出てきてるのでバケツで受けることに。
風呂場に行ってから、母は「寒ぃのぉ」と言ってるが、しかたがない。
母が風呂に入ってる間に、ベッド周りの片付け。
尿パッドと紙オムツのウンチをどう処理しようか?便所に持って行きウンチを取ろうとするが、柔らかくて
引っ付いているのでとれりゃしない。取れるだけ取って、後はゴミに出すしかない。”汚物は取り除いて”となっているが、
取れないものはしかたがないと勝手に思い込む。
その後は、洗濯物がドッサリだ〜〜。

 初めてウンチを漏らしたので、最初どうすればいいか手順が分からない。
幸いなことにベッドの狭い範囲の汚れだったので助かっている。
洗濯物を済ませると6時ごろ、眠くなったので少しだけ寝ることに...。
汚物用の手袋やウェットテッシュ、これを買っておかないといけないと初めて思う。
これが平日の仕事に行く日だったらどうしよう・・・今後またあることだろう。

 腰が痛い(ひょんなげな)は、整形外科で処方してもらったプレドニゾロンかも?プレドニゾロンはリウマチのためだが一時中止し、足が前に出にくくなってから再開した薬だ。腰が痛くなったのもパーキンソン病の薬を飲み始める前からだし、薬の説明書や副作用を調べるとこの薬には腰痛と書いてある。足が前に出にくくなったのはパーキンソンの疑いと診断が出てるので、この薬は止めても問題ないだろう、明日から飲ませないようにしようと思う。
 もうすこし早くこの薬を調べてみればよかったと後悔だ・・・でも整形の先生も腰が痛いと言ったのに薬を中止してみようと言わないのは納得がいかない(~_~)。

母が倒れてから686日
自宅で介護を始めて656日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 20:04 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。