2008年01月07日

今日から姉が1週間昼間来てくれる

 今日から姉が仕事を1週間休みを取り昼間来てくれる。何故か兄は子供も一人連れてきた。1週間後からはどうするかは決まっていない。
 近くに療養病棟のある病院がある、姉が昼間この病院に問い合わせに行ってくれた。結果は空きはないそうだが、そこの介護福祉士に色んな情報を聞いてきた。パーキンソンは国の難病に指定されていて症状により難病手帳の交付があり、それがあると医療費が安くなるとのことだ。

 会社から帰り、担当のケアマネージャーと神経内科の病院に電話を入れておいた。ケアマネージャーには、今の状況と明日からデイケアを当分休む旨伝えた。ケアマネージャーの話だと、パーキンソンの薬で身体の症状が変わる人が居るとのことだ。
 神経内科の病院は、担当の医師が居ないため薬剤師の意見だが”ある部位がだるくなる”ことはあるとのこと、すぐにでも診察して医師の指示を聞いたほうが言いとのことだ・・・でも先週の金曜に診察してもらい「それはない」と言われたのだが(ーー;)。
 明日もう一度病院に行き、診てもらうことにした。担当の医師は明日は居ないが他の先生の意見でも言い、。ついでに整形でMRIで腰からの痛みやだるさではないかを診てもらおうと思っている。

 母は兄の子供は明日から来てもらわんでえぇと言っている。ただ呼ぶと来てくれるだけで「何もようせん」とのことだ。それは分かっているが兄が連れてくるのだから仕方がない。何かあった時に救急車ぐらいは呼べるだろう。
 夕方兄が子供を迎えに来た時、母が椅子に座り食事をしてるのを見て「元気になっとるが」と一言言って帰ってしまった。玄関が開いたから誰かなと思ってる間に、そう言い残して帰ったから唖然とするだけだ。私が介助して椅子までようやく来れたのも知らずに、何なのだろう。

母が倒れてから690日
自宅で介護を始めて660日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 21:37 | 岡山 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。