2008年01月09日

脊柱管狭窄症

●昨日
 昨日は神経内科で今の症状が薬の副作用とは関係ないか、もう一度相談しに行ってきた。薬の副作用は否定され、腰のMRIを撮って診察してもらい”脊柱管狭窄症”とのことだ。パーキンソンの薬は動作が前より悪くなったら始めればいい言われた。
 掛かり付けの整形外科に紹介状を書いてくれたので、その足整形外科に行って診察してもらう。先生の言うには「脊柱管狭窄症だとある特定の部位に痛みやしびれが見られるが、漠然とした痛みなのでハッキリとしない」とのこと。MRIの画像がないので借りられるよう手配して今後の方針を考えると言われている。
 昨日は家に帰ると、病院疲れで夕食を食べる早くに寝ることにした。私が疲れたのだから母はもっと疲れていたことだろう・・・。

●今日
 昨晩は2回起こされた。1階は1時ごろにウンチが出そうなと言ったが出なくて、2回目は3時過ぎだ。今度はもうすでにウンチが出掛かっている。少し紙オムツに出ているが、残りはトイレに・・・。だが5分もすると「腰がなんとも言えん、かがんでもえぇか」と言って、お尻も拭けない状態・・・私が処理をして何とか無事に終わった。

 姉も1週間だけの休みなので来週からどうしようか・・・、会社から帰り、ケアマネに電話で来週からデイケアを毎日と迎えの時間に合わせて身体介護のヘルパーをしたい旨連絡・・・母にはまだ言ってないのでどうなるか分からないから、明日の昼間姉と相談して段取りをしてもらうよう依頼した。
 その後母に聞くと「いかん、えぇようになったら喜んで行く、リハビリが好きなんじゃから」と聴かない。兄が子供を連れてくると言ってくれたので、その方向で考えることに。

 夕食時に親戚から電話があり、親戚が知っている療養病棟がある病院が何とかしてくれるようだ。兄姉に連絡し、この土曜にその医者に会いに行くことにした。

 今後の母をどのようにするか早急に考えないといけない。どうしても母を1人にするのは心配でしかたがない。母も「施設に入る」と言ってるので、介護の手が届くところが安心である。何とかデイケアなどで過ごさせ自宅で見守りたいのだが・・・。

母が倒れてから692日
自宅で介護を始めて662日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 22:02 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。