2008年04月30日

ゆく春の惜しまれる頃

”ゆく春の惜しまれる頃”、手紙などの季節の言葉。
4月中旬頃だったか、ケアマネージャーが郵送してきた5月分のサービス利用票に添えてあった手紙の書き出しの言葉だ。私はこのケアマネージャーには会ったことはまだないが、姉の話では若いケアマネージャーとのことだ。手紙自体は3行ぐらいの素っ気ないものだが、季節の言葉を良く知っているものだと感心した。

母が倒れてから804日
老人ホームに入居68日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 19:40 | 岡山 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

集会所とその周りの清掃

5月11日の日曜日に町内会の集会所とその周りの清掃がある。今年はその当番に私の町内がなっている。
私の地域は近所との付き合いが希薄なほうだ。私は朝早くから仕事に行き、夕方帰るとトレーニングなどで家に居ることがあまりない。だからすぐ隣の人とも顔を合わす機会も少ない。
この清掃の時に、母のことを聞かれるのは目に見えている。「老人ホームに入ってる」と本当のことを言うしかないが、今から考えると憂鬱になる。

母が倒れてから803日
老人ホームに入居67日
posted by ぼにん at 20:22 | 岡山 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

中性脂肪値

健康診断の血液検査で中性脂肪値が気になっている。3年前は40を切っていた値が、2年前には59、去年は77と年々増えている。心当たりはある。母が脳梗塞で倒れてから私が食事を作ったりするようになりだしてから、夕食後にお菓子を食べるようになった。お菓子といっても”せんべい”が主だが、これが原因ではないかと思っている。
ほぼ毎日運動をしているから、このくらいの値なのかも分からないが、やはりお菓子は控えるべきだと実感している。
posted by ぼにん at 21:29 | 岡山 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

かしわ餅

家の近くの古くからの和菓子屋へ、朝8時前に”かしわ餅”を買いに行ってきた。端午の節句の期間だけ作ってるのかと思いきや、6月上旬まで作ってるとのことだ。
”かしわ餅”が出来立てでまだ暖かい。母の朝食が8時からなので、9時過ぎに持って行ってやろうと思っている。この時に一緒に春と夏物の服を持って行ってきた。昼からまた来るからと言い足早に家に帰り、掃除や1週間分の食料の作り置きなどをする。

昼から夏布団も持って行き、姉と2人で衣替えだ。と言ってもまだ寒い日があるので冬物も少しは残しておいた。久し振りに母と姉と3人で話をしてると時間が経つのが早い、すぐに夕方になり、母は3時のおやつを食べず終いだ。

母が倒れてから801日
老人ホームに入居65日
posted by ぼにん at 20:30 | 岡山 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

前の主治医の先生とお会いした

夕方のランニングを終えクールダウンでウォーキングをしていると、前の主治医の先生とお会いした。道を隔てて右前方からスーツ姿の人が歩いてくのは気付いていた。でもメガネを掛けていない私は顔までハッキリ分からない。
スーツ姿の人が「○○さん、こんにちわ」と声を掛けてる。
”えっ誰”と思いながらも、私も「こんにちは」と挨拶を返す。
スーツ姿の人が「お母さんお元気ですか」ともう一声、これで誰だか分かった。
私も「元気にしています、ありがとうございます」と声を返し、もう少し近況を言おうと思ったが、先生は忙しそうに歩き去っていくので、また機会はあるだろうと思い今日はそのまま帰った。

もうすう端午の節句、家の近くの古くからの和菓子屋で”かしわ餅”を作り始めている頃だ。明日朝買いに行って母に持って言ってやるつもりだ。この和菓子屋の”かしわ餅”は評判で朝の早いうちになくなってしまう。

母が倒れてから800日
老人ホームに入居64日
posted by ぼにん at 21:30 | 岡山 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

まだ夜は寒い

昨日の夜から寒くなり、今朝方と今夜も肌寒い。
4月の初め頃から母が「もう春物や夏物を持ってきてくれ、大布団も春物の薄いのに替えりゃえぇ」と言っていた。「まだまだ寒い日があるから5月ぐらいでえぇがぁ」と言い聞かせていた。母も老人ホームはエアコンをかけているから適温なので寒さが薄着でも寒さが分からないのだ。
姉と相談し27日の日曜日に春物に取り替える予定にしている。布団の春用の薄いのを持っていくが大布団は置いておくつもりだ。昼間は暑いが夜には肌寒くなる、明日もう一度姉と相談し、冬用の服も少しは残しておいた方が無難な気がする。

母が倒れてから799日
老人ホームに入居63日
posted by ぼにん at 20:43 | 岡山 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

母が部屋でウロウロ

会社の帰りに老人ホームへ寄り、昨日持って帰ってしまった母のカバンを渡してきた。母の部屋に入ると、母がウロウロしている。「何しょん、カバン車の後ろにあったから持ってきた」と言うと、母は「今、探しょうたねぇ」と、ウロウロしていたのはカバンを探していたのだ。
昨日私が病院に行く時カバンを持って行ったのを、母は見ていないから知らないハズだ。明日デイケアに行くから探していたのだろう。やはり昨日面倒がらずに持って行ってやるべきだった。

母が倒れてから797日
老人ホームに入居61日
posted by ぼにん at 19:42 | 岡山 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

今日も整形外科

整形外科に行くと、昨日とは違い待合室が混雑していない。やはり休み明けの月曜は人が多い。待ち時間もあまりなく、診察も注射の後を診るだけなのでアッと言う間に終わりだ。診察までの時間より、診察が終わりお金を払うまでが長かった。
母を老人ホームへ送っていき家に帰ると、車の後部座席に母のカバンがある。「げぇ〜、また持っていくのかぁ」、明日は母はデイケアには行かないのでカバンを使うことはない。今日は面倒なので、明日会社の帰りに持って行くことにした。

夜7時過ぎに玄関のインターホーンが鳴る。誰だろう?と思ったら宅急便だ。3月上旬に亡くなった母の姉の旦那さんの満中陰志が届いた。

母が倒れてから796日
老人ホームに入居60日
posted by ぼにん at 21:02 | 岡山 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

整形外科に行ってきた

整形外科に行ってきた。やはり右膝に水が溜まっている、でも少しのようだ。水を抜くと注射器に5cmはあっただろうか。多いときは注射器1本ぐらい抜くのだから、先生の言うように溜まってたのは少しだけだ。
母の診察だけだと5時半前には老人ホームに帰れたが、私も左手首に痛みがあるのでついでに診察してもらって母を待たせたので、老人ホームに着くと6時を回っている。皆夕食を食べている途中だ。
通っている整形は注射をすると翌日に注射の後を診るので、明日も通わないといけない。

病院からの帰り、母の一言が感に障り”また母を怒鳴って”しまった。母の悲しそうな顔を見るのは辛いが、気持ちが治まらない。一言は些細な言葉で普段は気にもならないのだが・・・。未だに気持ちが落ち着かないのか自分でも分からない・・・、原因はやはり兄弟にあるのだと思う。家で母を介護していた時もそうだが、今でも私一人が母の面倒を見ている気がしてならない。

母が倒れてから795日
老人ホームに入居59日
posted by ぼにん at 20:54 | 岡山 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

主治医は老人ホームの訪問医

今朝、老人ホームから電話があり「昨日デイケアで膝の痛みで歩けないのでシップを貼ってもらい帰ってきた、本人が言うには膝に水が溜まっているようで、主治医の整形の先生に診てもらいますか?」とのことだ。
主治医は老人ホームの訪問医に変わっている。だから内科と整形の先生に情報提供書を書いてもらい提出しているのだ。最初の頃訪問医の先生に会って「膝に水が溜まることがあるので診てやってください」と伝えてある。訪問医は何を診てるのだろう?、母に聞いても「誰も診てくれん、年取った男がたまに来るのぉ」と、医者と思っていない。どんな診方をしてるんだろう。それとも母がそこまでボケているのか?看護婦は分かっているのだから、そうは思えないのだが。
前の主治医の内科と整形に診てもらった方が良いのかも?と考えてしまう。

それに「膝に水が溜まってる」と言うのは、デイケアに居た看護婦が診てくれ言ったと、母は言っている。とりあえず明日、整形外科に連れて行き膝を見てもらうことにした。

母が倒れてから794日
老人ホームに入居58日
posted by ぼにん at 19:32 | 岡山 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

薬屋から請求書

昨日、母の薬を調剤している薬屋から請求書が郵送されてきた。
調剤日、病院名、お薬代、の箇条書きだけで内容が分からないし、薬代の金額がえらく違いがある。今日電話で「薬代がなぜ金額に違いがあるのか」と「金額が今まで処方してもらっていた病院より高いように思える、1割で計算してますか」の2点を聞いてみた。
「薬代は最初が5日分、次が22日分」「院内処方と院外処方では計算が違う」とのことだ。よく分からないが、領収書は内容が詳しく記入されているはずだから、点数などを確かめようと思っている。領収書も簡単な列記だと詳しい領収書を求めるつもりだ。
それにしても請求書で金額だけ示されても困りものだ。

母が倒れてから793日
老人ホームに入居57日
posted by ぼにん at 20:32 | 岡山 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

後期高齢者医療制度の保険料徴収

後期高齢者医療制度の保険料が15日に天引きされが、「対象外」からの天引きや対象者でも誤った額を徴収していたと、昨日の新聞に載っていた。私の母の年金も天引きされてるのでは!と思い、銀行で通帳に記帳してきた。
いつもの金額が入金されているのを確認すると、要らぬ電話代を使わなくて済んで良かったという気がした。

制度を運営するのは県の広域連合だが、年金から天引きするのだから社会保険庁も責任はあるだろう。何で新しい制度が始まると、色々不手際があり迷惑を被るのは国民ばかりだ。謝れば済むことじゃない。
posted by ぼにん at 20:31 | 岡山 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

膀胱検査

母を膀胱検査に連れて行ってきた。
会社を午前中で早退し、1時前には母の居る老人ホームへ迎えに行き、病院には1時半には着いた。エコー検査、尿検査が済み、先生の診察を待ってると2時半には呼んでもらえ、3時には診察が終わった。先生の診察は3時過ぎと思っていたので、今日は思ったより早く帰ることができラッキーだ。診察の待ち時間も少なく”ウトウト”する暇もないぐらいだ。

診察内容・・・
●膀胱検診 腎部と膀胱のエコー検査、尿検査ともに異常なし
●腎臓は左右とも綺麗で膀胱も問題なく、膀胱鏡は今回は良いでしょうとのこと。
腫瘍が出ていなくてホッと一安心!

母が倒れてから790日
老人ホームに入居54日
posted by ぼにん at 19:49 | 岡山 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

明日は膀胱検査

明日は半年に1度の膀胱検査の日だ。会社を午前中で早退し、母を病院に連れて行ってくる。

腎部と膀胱のエコー検査、尿検査と膀胱鏡検査を行うことになっている。もう3年半腫瘍は出ていない、再発していなければ!・・と願うばかりだ。

母が倒れてから789日
老人ホームに入居53日
posted by ぼにん at 20:01 | 岡山 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

ろうけんぱん

以前、母がよく買ってきていた”ろうけんぱん”、これが食べたくなったので買いに行ってきた。店の話によると今はもう販売していないとのことだ。黒豆が入って蒸した饅頭のようなもので、素朴な味でつい摘まんで食べてしまう味わいがある。3個入りで値段はいくらだっただろうか?。
もう食べれないと思うと残念な気がしてならない。

母が倒れてから788日
老人ホームに入居52日
posted by ぼにん at 20:00 | 岡山 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

母が昨日夢を見た

母が昨日夢を見たとのことだ。内容は「兄の子が警察に捕まった」夢だ。男の子か女の子かどちらか分からないようだが、何となく現実味がありそうな気もし怖い。兄から何の音沙汰もなくなってから1ヶ月半は経っている。連絡を取ってみようかと思うが、何も話をする事がない。う〜〜ん、どうしよう。

今日町内会費を集めに役の人が来た、来年はわが家が役の番だ。回覧板を回すのは大したことはないが、集会と会費集めなどが面倒だ。

母が倒れてから787日
老人ホームに入居51日
posted by ぼにん at 20:13 | 岡山 ☔ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

おばあさんの調子はどう

3月上旬に近所の人から「おばあさんは、どうされたん」と聞かれたが、その時は「病院に検査入院してます」とその場を終わらせていた。
今日も「おばあさんの調子はどう」と声を掛けられたので、もう本当のことを言っていた方がいいだろうと思い、「病院は退院して良くなったんですが、今は老人ホームで面倒を見てもらっています」と返事をした。
声を掛けてくれた方も年老いた一人暮らしの女性だ。少しの間世間話をして「転んだりしないで気を付けてください」と挨拶して別れることにした。年を取ると転ぶのが一番怖い。歩けなくなり寝たきりになりかねない。

母が倒れてから786日
老人ホームに入居50日
posted by ぼにん at 20:16 | 岡山 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

請求書ミス

老人ホームから施設利用料などの請求書が送られてきた。内訳を眺めていると、その他利用料の明細で金額が「あれっ」と思う箇所がある。介護用品代の金額が少し高い。介護ジューズを買った代金だと思うが、覚えている金額より高く表示されている。
すぐに問い合わせをする。
2〜3時間後に電話があり、「業者と施設のダブルミスで、介護シューズを2足買ったようになっている」とのことだ。見本で2足持ってきたのだが、そのどちらも買ったようになっている。

請求書はよくチェックした方が良い!

母が倒れてから785日
老人ホームに入居49日
posted by ぼにん at 20:44 | 岡山 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

母の差別

(^_^.)母の差別

姉、兄、そして私の三兄弟。
私は感じてはいなかったが、姉の感じ方は違っていた。
母は兄を特別扱いしていたと言う。

確かに私が小さい頃、
兄だけは服や自転車、学業品など全て新しい物、
姉も従兄弟などからのお下がり、
私は兄のお下がり、
私はこれを自然に受け止め、差別とは考えもしていなかった。

逆に大人に近づくにしたがって、
兄は可哀相な人だと思うようになっていた。
母の助けがないとダメな人、
えらそうに言っているが弱い人、と思っている。
今でも母に頼っているのを見ると、
母の差別ではなく、”ダメな子ほど可愛い”のだと思う。

母が倒れてから784日
老人ホームに入居48日
posted by ぼにん at 21:15 | 岡山 ☔ | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

母の大事なもの

(^_^.)母の大事なもの

母の大事なものな何だろう?
何も思い当たらない、
若い頃は両親の面倒を看、
結婚してからも連れ合いの仕事が無い生活、
そんな中、私達子供を食べさせるため、
仕事をしながら家事、炊事、洗濯と忙しい毎日。
私達子供が成人してからは、
姉や兄の孫に囲まれ一時の安らぎはあっただろう。
この時が一番大事な思い出ではなかろうか。

母が倒れてから783日
老人ホームに入居47日
posted by ぼにん at 19:50 | 岡山 | ポエム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。