2008年04月08日

年金特別便専用ダイアルにつながった

久し振りに「年金特別便専用ダイアル」に電話すると、
ベルの音が ・・・つながるのかなと期待
「このまましばらくお待ちいただくか、もう一度おかけ直し下さい」の案内に切り替わる。少し待っていると、受話器を取るような音がして女性の声がした、つながった!。
私:「死亡しているので記録が分からない」
相手:「分からないですか、申し訳ありません・・・」
相手:「ねんきん特別便の前に”1”と記入されてますか」
私:意味が分からないが「ないです」
相手:「申し訳ありません・・・」

「申し訳ありません・・・」しか言わなので、何が言いたいのか分からないし、どうすればいいのか分からない。電話して損した気になり、「ミスをしたのはそちらですから、このまま放っておきます。確認ハガキに”訂正なし”として送ることは出来ません。年金に結びつく記録が確定したらまた送ってください」、と言って電話を切った。

母が倒れてから782日
老人ホームに入居46日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 19:53 | 岡山 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。