2008年06月29日

兄と子供のことを心配

兄の家にビールを持って行ってきた。今兄は選択にせまられ大変な時期だ。労をねぎらう訳でもないが、兄の好きなビールを持っていくのも偶にはいいだろう。
母の所に行き「ビールを持って行ってきた」と言うと、
母:「居(お)ったか?、○○(次女)は仕事に行かんか?」「喜んだろうが」
など、兄と子供のことを心配している。

兄も今の仕事を辞め定職に就くように働き口を探している、子供も職探しを始めている。このことは働き口が決まってから兄が言いにいけば良いことだ。
母に「今職を職を探しょうるから」と言うのは簡単だが、決まってから兄の口から言うほうが母も喜ぶハズだ。

母が倒れてから864日
老人ホームに入居128日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

らっきょうの塩抜き

らっきょうのアク抜きも今日で終わり、塩漬けしたらっきょうを今日から数日の間水に浸し塩分を抜く作業に入る。
昨日は”一昼夜流水にさらし塩抜き”と書いたが、”数日の間水に浸し塩抜き”をすることにした。流水にさらすのは、水道の蛇口にホースを付けて底から水が回るようにしないといけない。ホースを付けれるのは洗濯場か外の蛇口しかないからだ。

母が倒れてから863日
老人ホームに入居127日
posted by ぼにん at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

日ましに暑さがつのります

”日ましに暑さがつのります”
ケアマネージャーが郵送してきた7月分のサービス利用票に添えてあった手紙の書き出しの言葉だ。

らっきょうのアク抜きも明日で終わる、明日は塩漬けのらっきょうを一昼夜流水にさらし塩抜きをする予定だ。

母が倒れてから862日
老人ホームに入居126日
posted by ぼにん at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

介護者の四人に一人が男性

新聞に毎週掲載されている「介護記」に書かれていたが、
”公の統計によると、今や介護者の四人に一人が男性”とあった。

息子が親を介護する男性、
夫婦の老々介護で男性が介護、

息子が親を介護する場合、親がまだ動けるうちは良いが、次第に働きながら介護するのは難しくなる。私は介護を始めた頃は会社を辞めようかと考えたことがある。その時は会社の配慮でなんとかしのげ、母も自分の事ができるようになってくれた。

老々介護、これも大きな問題が。新聞によく出るよな事件に陥るケースだ。

「介護は大変じゃろう」とよく言われる、でも実際にやってみない大変さは分からない。苦労や後悔いろんな感情で入り混じり、精神的にも参ってくる。

母が倒れてから860日
老人ホームに入居124日
posted by ぼにん at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

考えていることがある

母を見て考えていることがある。
今の状態だと家に帰れるんじゃないか?
週3〜4回のデイケアとヘルパーで自宅介護ができるんじゃないか?
ヘルパーは朝と昼の食事の時間に様子を見てもらえばいい。
ポータブルトイレも買ってるしトイレの心配も少ない。

姉に聞いて見ると、
私:「かぁちゃんの様子を見てどう思う」
姉:「家に居ると食事の用意をせんといけんとか、家のことをせんといけんとか思うみたいよぉ。あそこに居ればそんなことを思わんでえぇし、決まった時間に食事もでき多少でも話し相手が居るからえぇんよ。家に帰って前のようになるかもしれんじゃろ」
そうだなぁ、やはり一人にさせる時間が無いほうがいいんだ。見てくれる人が居れば問題ないんだが。

母が倒れてから858日
老人ホームに入居122日
posted by ぼにん at 19:58 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

いつもと同じ

午後4時過ぎに母の老人ホームへ行くと、4人ほど食事をするところに居たが、いつものことながら誰も話をしていない。
母の部屋のドアだけが明けっ放しになっている。
覗くと立ってゴソゴソ何かをしている。テレビを点けているが見ている様子はない。
私:「何しょんでぇ、ローマンじゃ」
母:「来たんか」
いつもこんな感じだ。たわいの無いことを話していると、兄の家族のことをいつも言う。
母:「○○(兄の次女)は仕事見つけたかのぉ、○○(兄)は元気にしょうるかのぉ、家に来んか?」
私:「う〜ん、分からん」
兄が金を貸してくれと言って来てるなんて言えない。
兄と子供(長男と次女)が仕事を探すのを条件に月末までに貸すことにしている。でも今の所、面接に行ったとか言わないので状況が分からない。兄は条件は気にせず貸してくれるものと思ってるのだろうか?。こちらとしては面接に行ってどうだったか言ってもらわないと貸せれないのだが・・・。

母が倒れてから857日
老人ホームに入居121日
posted by ぼにん at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

母を家に帰らしてやりたい

特別養護老人ホームに空きができ順番が回ってくるまで何年待つか分からないが、それまでの間母を家に帰らしてやりたい。兄の子供(次女)が働いていない。母の介護をしてくれないものかと思っている。母は今は自分で歩いて何でも出来る。ただ見守りが必要だ。昼間はデイケアに週3〜4回通えば、子供もパートで働きに行ける。常に看ておくことはない。母に家事のことなどを教えてもらうことも出来るし、どうせ介護をするならヘルパー2級の資格も取らせてやりたい。時期を見て兄と次女に相談してみようと思っている。

母が倒れてから855日
老人ホームに入居119日
posted by ぼにん at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

兄のことを知らなくて済む

母をず〜っと家で介護ができればと思っていたが、老人ホームへ入れるようになり不憫だと思っている。でも一つだけ良いことがある。兄のことを知らなくて済むことだ。
”兄が困ると母に泣きついて行かないか”と思っていたが、さすがにそれはしなかった。

今母は夢を見ずぐっすりと朝まで(トイレには起きるが)眠れると言っている。寂しい思いはさせているが、心配事が無いのは良いことだ。

母が倒れてから853日
老人ホームに入居117日
posted by ぼにん at 21:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

梅の土用干し

昨日、母に”梅の土用干し”を聞いてみると、
母:「せぇどじゃったかのぉ、もう忘れたが」
母:「小梅じゃから干してねぇ、大きかったら干さんと柔こうならんけど・・・」
と、去年は小梅しか漬けてないからやっぱり干していない。

らっきょうを買ってきたその日から、リビングはらっきょうの臭いで充満している。昨日今日と外から家に入ると玄関口でらっきょうの臭いがする。でもすぐ慣れて臭いは気にならなくなるが・・・。自分の家の私が臭うのだから他人だと、ず〜〜っと臭ってるんじゃないか・・・。

母が倒れてから851日
老人ホームに入居115日
posted by ぼにん at 20:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

お菓子を食べていた

母の所に行くと、食事をする場所に3人出てきているが話をしている人がいない。ただ座っているだけだ。母は自分の部屋でベッドに座りお菓子を食べていた。
母:「寝間着のゴムが小せぇから、ゴムを入れかようとしょうたら、掃除してくれる人が直してくれた。何かやらんといけんかのぉ」
私:「う〜ん、別に気にせんでもえぇんじゃねんかな。姉ちゃんに聞いとくわ」
母はこういうことはよく気にする人だ。姉に電話で聞いて見ると「それは別にえぇが」と姉も言う。まぁ姉からもう一度母に「そう言ってくれ」と言っておいた。
姉に「3人出てきとっても誰も話をしょうらん」と言うと、「あそこにお母ちゃんが入ると話をするようなで」とあそこのスタッフの人から聞いていたようだ。

母が倒れてから850日
老人ホームに入居114日
posted by ぼにん at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

らっきょうのアク抜き

昨日の夜、らっきょうを漬けるビンなどを熱湯消毒を済ませた。今日の会社から帰りにらっきょうを2kg買って帰り、この後アク抜きをするつもりだ。
母から”らっきょう”の漬け方を教わっていないが、らっきょうの袋に漬け方を書いているのでその通りに漬けてみようと思っている。

水曜日に母を眼科に連れて行ったとき、「梅干しを漬けたこと」「今週ぐらいにらっきょうを漬けてみること」を母に話した。母が「しそは入れたか?あこう(赤く)なったかや?」とか「今頃漬けるもんはおらんじゃろうが、こうて食べりゃええのに」とか言う。漬かったら母の所に持って行こうと思っている。

母が倒れてから849日
老人ホームに入居113日
posted by ぼにん at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

梅の色が赤く染まってきた

3日ほど前にしそ漬けした梅、早くも梅の色が完全に赤く染まってきた。
去年は母と2人で梅のへたを取り一緒に漬けた梅干し、今年初めて一人で漬けた。上手く出来てるか早く食べたい気持ちになってきた。まだ去年の梅も残っているので、食べるのは当分先だろう。
わが家では梅干しの最後の工程”土用干し”はやっていない(と思う、今度母に聞いて見るつもりだ)、だから梅漬けと言うのだろうか・・・。

この日曜日には”らっきょう”を漬けようと思っている。根付らっきょうは洗って両端を切ったりしないといけないので面倒だ。洗いらっきょうを買ってきて、アク抜きをしてから漬け込もうかと思っている。
明日にでも、らっきょうを漬けるビンなどを熱湯消毒しておくつもりだ。

母が倒れてから848日
老人ホームに入居112日
posted by ぼにん at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

眼科

今日は母を眼科に連れて行ってきた。去年の7月ごろ白内障の手術をしてから近くの病院で定期的に検査してもらうつもりでいたが、今まで延び延びになっていた。
手術後3ヶ月間は手術した病院で検査してもらったが、その後は
先生:「何か異常があるようだったらまた来てください」
私:「近くの病院で検査してもらった方が良いですか?」
先生:「お年寄りなので目の異常に気付かないかもしれないので、定期的に診てもらった方がいいとは思います」
先生:「紹介された病院へ通いますか?」
私:「そのつもりです」
先生:「返事を書いておきますので持っていってください」
と、3ヶ月後(年が明けて)ぐらいに眼科へ行こうと思っていた。が、母の状態が悪くなり老人ホームへ入居とつい延び延びになっていた。

検査結果は異常はなく、「年に1回の検査で大丈夫です」とのことだ。

眼科に行くことは8日の日曜日に「近々眼科に連れて行きます」老人ホームのスタッフに伝えており、昨日「明日連れて行きます」と連絡を入れておいた。母を迎えに老人ホームに迎えに行くと、スタッフの方に「○○眼科が月に1回来られますが今度から診てもらいますか」と聞かれたが、”年の数回の検査、また情報提供書がいるだろう、機械を使った検査が出来ないだろう”と思い、「今後も通っている眼科に連れて行きます」と断った。

母が倒れてから846日
老人ホームに入居110日
posted by ぼにん at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

診察料、高〜〜い

老人ホームの診察料、めちゃくちゃ高いw(゜o゜)w
2週間に1回の診察料だけなら4〜500円(薬代は別)ぐらいのものだ。在宅医療費と言うものが4,200円も取られている。”24時間体制での緊急時対応”に対する対価だ。今の母の状態ならそんな契約は要らないと思うが、万が一転んで何かあるとも限らないので契約している。

母が倒れてから845日
老人ホームに入居109日
posted by ぼにん at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

しそ漬け

赤しそを買ってきた。今日からしそ漬けをしようと思っている。

しそ漬けの手順
しその葉は梅に対して20%、塩はしその葉に対して20%用意する。
と言ってもしその量は適当で”しそを1束”買ってきて、悪い葉は除いてむしり取るだけ。
1.しその葉をむしり取り、洗って良くザルに空け水気をよく取る。
2.しその葉に塩を半分ぐらい入れてよ〜〜〜く揉む。そうするとアク(濁った灰汁)が出るので、しその葉を良く絞り灰汁を捨てる。
3.残りの塩を加えてもう一度よ〜〜〜く揉む。次は前よりも明るい色の灰汁が出るので、これも良く絞って捨てる。これを2、3度繰り返しアクを除く。
4.漬かっている梅の液(白梅酢)を適当に取り出す。
5.先程絞ったしそに、白梅酢を加えてほぐすように軽く揉むと、白梅酢の酸によって鮮やかな赤色に発色する。
6.しそと赤くなった梅酢を元の漬かっている梅に入れれば出来上がり。

今日はこの後1.の工程だけするつもりだ。できるだけしその葉の水気を抜きたいので、その後は明日の朝早めにしようと思っている。

母が倒れてから844日
老人ホームに入居108日
posted by ぼにん at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

散髪

母を散髪屋に連れて行ってきた。

午後2時ごろ迎えに行き散髪屋へ。
カット1000円の散髪屋だが”顔そり”と”洗髪”をしてもらうと、それなりの料金になる。全部で3500円だ。散髪屋のおばちゃんは昔からの知り合いで、母と話をしながら髪を切ってくれる。話の中で「頭がしっかりしとるからえぇが」とおばちゃんが言っている。母は昔のことはほぼ覚えているので、話のつじつまが合っている。だから第三者からは「認知症」とは分からないのだろうか。

散髪から帰ると午後3時を少し回っている。老人ホームでは3時に”おやつ”の時間があり、コーヒーと軽食が出る。母をダイニングの椅子に座らせ、私は帰ることにした。”おやつ”が出ていることだろう。

母を迎えに言った時、母の部屋の冷蔵庫の中を見ると、飲み物、ヨーグルト、ヤクルト、パン、それにベッドの横の台にはお菓子、たくさん食べ物がある。姉が持ってきたものだ。こんなにたくさん持ってきても食べるはずがない。それにヤクルトはパックに入れたままだ。パックあらヤクルトを出しながら「パックから出してやってれば」と思うのだが。

母が倒れてから843日
老人ホームに入居107日
posted by ぼにん at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

今日母の所に”ろうけんぱん”を持っていくと、姉が来ており2人で話をしていた。私が行ってもあまり話をしないから、姉がチョコチョコ行って話をしてくれれば助かる。

会社からの帰り道、通りすがった後に気付いたのだが兄がいた。車を道端に止め立ってタバコをふかしていたと思う。あまり会いたくないので後戻りしてまで話しかけることはしないでいた。家に帰りすぐに母の所に行くので車で出かけようとしたら、遠くから兄の車が来てるのが見えた。「やっぱり私に用があるのか?」と急いで車を走らすことに・・・。
その後、兄の姿を見ないが用件はなんとなく分かる。兄も私のところに来ても会いづらいのだろう。いつかは兄のことも考えてやらないととは思うが、今は母のことで精一杯だ。

母が倒れてから841日
老人ホームに入居105日
posted by ぼにん at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

ねんきん特別便

3月下旬に送られてきた亡くなった父の「ねんきん特別便」は青色の封筒だった。

昨日母の「ねんきん特別便」が来ていた。緑色の封筒だ。
「必ず、ご回答をお願いいたします」とあるが、父の時と同様に回答して送るつもりはない。

先ほど(午後7時50分ぐらい)から電話のベルが1回鳴って切れ、またベルが鳴るから電話に出ると切れ、再度ベルが鳴る。電話に出ると老人ホームからだ。どうも母が電話をしていたようだ。
「お母様がお話があるとのことです」と言われ、母に代わると、「お金を2万円ほど持ってきてくれ」と言う。話が見えないが、施設で出張の散髪をするようだ。スタッフの人に代わってもらい、「顔を剃りたいと言っていたので、散髪屋に連れて行きます」と伝えた。

母が倒れてから839日
老人ホームに入居103日
posted by ぼにん at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

特別養護老人ホーム

今年の初めに申し込んでいた老人ホーム。特別養護老人ホームが3件、老人保健施設が1件だ。この内、老人保健施設から5月上旬に「診療情報提供書」の件で電話があった。
今日は特別養護老人ホームの1件から電話があった。

昼の休憩をしようとしたところへ携帯が鳴り、発信先を見ると特別養護老人ホ−ムだ。
特養:「入居のご希望は変わりありませんか」
私:「変わらないです」
特養:「現在の状態を教えてください」
  ↓
  ↓ 有料老人ホームに入っていること、
  ↓ 施設での生活内容、健康状態、
  ↓ など伝えた。
  ↓
特養:「今すぐ入居と言うわけではありませんが、入居が近づいてきたら連絡させてもらいます」

特養は、申込順ではなく緊急度の高い人を優先するので、有料老人ホームに入っていることは言いたくなかったが、隠して「自宅で介護しています」なんて言って、後で嘘が分かれば入居できなくなる方が困る。だから有利なように伝えるよりは、本当のことを言っておいた方が良い。

母が倒れてから838日
老人ホームに入居102日
posted by ぼにん at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

クリニックへ電話

クリニックへ電話をした。
私:「訪問医の先生が老人保健施設への診療情報提供書のことを、○○○(老人ホーム)のスタッフに話しているんですが、老人保健施設に申し込むのに診療情報提供書をお願いしたことはプライベートなことがと思います。この件で話が分かる方とお話がしたいんですが」
クリニック:「少しお待ち下さい、・・・・・後ほど電話させて頂きます」

1時間近く経ってからクリニックから電話がかかってきた。電話してきた方は、最初に母の担当をしてもらったケアマネージャーの方で、今は事務の責任者のような立場になっている。
電話のやりとりは細かく覚えていないが、謝って頂いた。やはり個人情報の漏洩になるのだろう。今後は先生の方から口にされることはないとのことだ。
またこのようなことがあれば今度は直接先生に謝ってもらうつもりでいる。

「今後も何かありましたら遠慮なく申し出ていただけばありがたいです」と言われて、電話を切った。

母が倒れてから837日
老人ホームに入居101日
posted by ぼにん at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。