2010年01月17日

一昨年の12月から

一昨年の正月は元旦の一日だけ母を家に連れて帰った。姉も来て一緒に話をしていたが、居心地がいいのかいつの間にかウトウトしている。数時間の住み慣れた家だったが母は心が和やかになっただろうか。

平成21年5月、まず空くことがないグループホームに空がでた。母の前に申し込んでる人が何人かいたのだが、白羽の矢が母に向いてきた。母は老人保健センターも慣れているが、家族的な雰囲気のグループホーム、”どうしたものか”と悩んだ結果、グループホームに移ることにした。老人保健センターもグループホームも棟続きで移ると言っても移動だけだ。

平成21年9月、グループホームから連絡が入り、”夜中に母が転倒して病院に連れて行く”とのこただ。診察は「右大腿骨転子部骨折」約一ヶ月入院した。本当はリハビリを含め二ヶ月の入院予定だったが、精神安定剤を与えないと、歩けないのみ自分でトイレに行こうとしたり、ベッドから降りて何処か行こうとしたりする。精神安定剤の影響で一日中ウトウトした状態でリハビリも出来たものじゃない。グループホームに連れて帰り、老人保健センターでリハビリをさせてくれることとなり、一安心だ。

現在は車椅子での生活で、支えがあれば立ち上がれるぐらいだ。でも車椅子に座ったままなので筋が固まって、膝が真っ直ぐ伸びない。母の所に行くとマッサージみたいなことをしてやるが、その時だけ”少しは筋が柔らかくなったかな”と思うぐらいだ。
グループホームに戻って直ぐに介護認定の変更を申請すると、要介護4と認定された。介護度が上がったので六ヵ月後には更新申請しないといけない。
今年の正月は家に連れて帰ってやることが出来なかった。

母が倒れてから1431日
グループホームに入居238日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 20:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。