2008年10月10日

入所も間近になりました

普段鳴らない携帯電話の受信音。
仕事中に携帯電話に受信があり、発信先を見ると老人保健施設からだ。
5月に連絡があり、その時は「診療情報提供書」を提出する用件だった。

今日の電話は、
老健:「入所も間近になりました。有料老人ホームでの暮しはどうですか?こちらの施設への希望は変わりありませんか?」
私:「元気にやっています。そちらへの入居は変わりありません」
老健:「ご本人の状態を見させてもらいたい、その時にご家族の同席もお願いしています」
私:「平日がよろしいですか?」
老健:「土日は休みなので、平日の都合の良い日を知らせてください」
私:「姉に同席してもらいますので、改めて姉から連絡させます」

早速姉に連絡を取り、都合の良い日時を連絡するよう伝えた。
家に帰り姉に電話すると、来週に決まったとのこと。また老健の方から今の老人ホームに出向いてくれる。今の老人ホームのも訪問する旨伝えてくれるとのことだ。
連絡があった時には、あまり考えなかったが「間近」とはいつ頃だろうと思い、老健に問い合わせてみた。すると、「空きがあるのえではなく、順番が近くなったので状態を見て準備をする。入居の連絡は急な場合が多いです。大雑把で年内か来年にかけてだろうと思います」とのことだ。

母が倒れてから967日
老人ホームに入居231日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。