2007年01月14日

再び入院

退院の翌日、紹介状の病院に母を連れて行く。この病院は介護支援サービスも行なっているので紹介状を書いてもらう決め手の1つだった。
紹介状を渡し今後の診察をお願いをする。早速、肺炎の治療状態を見るため胸のCTを撮ると、胸に水が溜まっていて「胸水」とのこと。胸水は通院でも治療できるが、血沈が30分で58(女性は1時間で15以下)の値が出たので、2週間程度の入院治療がいいとのこと。その後、通所リハビリに切り替えていく予定。 ・・・ 再び入院だ。
前の病院も個室しか空いていなかったが、この病院も個室が1つ空いてるだけだった。数人部屋の空きが出次第、移してもらえると言われたので、仕方がない。個室料金は前の病院と同額だったが、部屋に入っていくと「何この部屋、前の病院と比べてえらい違いだ〜」と先行き不安な気持ち...。

不安な気持ちは残るが、母を家に1人にして仕事に行くわけにもいかないし、入院できてしばらくは今後どうするか考える時間がある。

当初の不安通り、看護婦の質やら母に対する態度やら、頭にくることが出てきた。おまけに姉が、それを私に愚痴るのも嫌でたまらない。
入院して1週間経った頃、入院先の関連のケアマネージャーに今後の相談をすると、後日「退院はまだまだ先なので、もうしばらくして様子を見て考えましょう」との返事だった。
看護婦に、「入院予定延期の理由や治療の経過、病気の状態」を聞くと、院長から説明します」と言うだけだ。
毎日夕方見舞いに来てるので院長と話させてもらえるよう求めると、「院長の都合がつかないから、午前中のいい日を言ってください」との返事。
姉にパートを休んでもらい、都合をつけると、今度は、「その日は院長が外出するので、○○日はどうですか」だ。

この病院は何だ!、前から思っていたが他の病室を見ると老人ばかりで、うろうろしてる人や「あーあー」と声を上げてる人やらで、病院?って感じ・・・
母が言ってたことがる、「その向こうの部屋に夫婦そろって入院しとるのがおる」どうやら知り合いらしく、家を閉めて入院してるらしい。老人ホームか?
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 19:47 | 岡山 ☀ | 2006年12月まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。