2007年12月26日

背中をグー殴ってしまった

 今朝母の言葉に苛立ち、背中をグー殴ってしまった。母は「痛ぇ」と言いしばらくジッとしていないといけないぐらい痛がっている。力は抑えたが年老いた母にはどのくらいの痛いか計り知れない。相当の痛みだったんじゃないかと悔いる気持ちで会社に出かけた。仕事中も自己嫌悪で息が苦しくなったぐらいだ。
 もし力を抑えなかったらどうなっていただろう?と考えると恐ろしい。グーでだけは殴ってはダメだ。自分が母にとって凶器のような気がする。
 会社から帰り母の背中を見て何ともなっていないので少しは気が楽になった。
 今朝洗濯物を2階に干して(時間がないから乱雑に干していた)会社に出かけたが、足が前に出にくくなっている母が2階に上がり洗濯物を干しなおして乾いたら取り込み、たたんでしまっていた。2階にあがるのは階段に手を付き這って上がるとのことだ。そんなにまでする母を殴るとは・・・誤っても足りない。

母が倒れてから678日
自宅で介護を始めて648日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 22:17 | 岡山 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グーはちょっとね(A ̄▽ ̄;)
それにぼにんさん男だし。。。

私は、たまたまそうなっちゃったんだけど
パーで突き飛ばしてしまった事があります
お尻をついてよろけてしまったママンの弱った体に驚きました。。
後悔したけど、でもやっぱりママンの言動に
どうしても腹がたってしまって
それに、私のママンは私を叩いてくるので、ついつい抵抗して叩き返したくなります
これから、この衝動に我慢が出来るのか不安です

この葛藤は、ずっとついてきそうだね
親子だから、そのムカツキやイラツキが我慢ができないのかなって

そういう時って、まわりの兄弟とか親戚が助けてくれてもって思うけど
表向きの建前だけの協力じゃ、無駄に神経使うだけだもんね

お互い孤立しちゃってるよね

でも、めげてられない
とにかく目の前の事を解決していくしかないんだよね


Posted by 籠の鳥 at 2007年12月27日 23:02
介護は実際にやってみないと、はたから見ているだけではどんな苦労か分からないですよね。
兄は姉に「介護してみろ」と言ったら、逆切れされたこたがありますよ。

いつか思いっきり叩くことがあるんじゃないかと思うと怖いです。
介護は「思惑どおりに事が運ばない、怒り、葛藤、自己嫌悪」、反省と後悔の繰り返しですね。
Posted by ぼにん at 2007年12月28日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。