2008年01月17日

母が居るべきベッドが空っぽ

 夕方歯医者で定期健診を受けてから、母の居る病院に向かった。着いたのは6時半ぐらいだ。
部屋の入り口のネームプレートに母の名前が無い!、中を覗くと母が居るべきベッドが空っぽ。
看護士に尋ねると「○○の部屋に」と言って案内してくれる。
カーテンが閉まっているので、開けると入れ歯を外した母が居た。
母に「何で変わったん」と聞くと、ちょうど隣に居た看護士が「夜中騒いだりドンドン叩くから、寝られないとの苦情で、こっちの部屋は少々大丈夫だから」とのことだ。

 2日目の夜でダメだった(^_^)。

母が倒れてから700日
自宅で介護を始めて670日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 20:52 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79112410
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。