2008年03月23日

老人ホームに入居して1ヶ月

昨日で母が老人ホームに入居して1ヶ月が経った。

紙パンツや尿パッドのそんなにも使わないようになっている。
一時期は、昼間は紙パンツと尿パッド2枚、夜中はテープ式紙オムツにフラットタイプのおむつカバー、その上に大きな尿パッド(おっしこ6回分)をし、さらに紙パンツを履いていた。
昼間は部屋の外の共同のトイレに行き、夜中は部屋にあるポータブルトイレで済ましているようだ。
この状態だと家に戻ってきても生活は出来るだろう、だが家に帰ると無理して家のことをしようとする。もし転倒した時に見守る人が居ない。母には家で暮らしてもらいたいが、こればかりはどうしようもない。

一つだけ解決策がある。それは兄の家族(兄と子供2人)に家に帰ってきてもらうことだ。兄も家賃や水道光熱費がいらない分、生活が楽になる。子供2人は成人しているが、一人は週3日のアルバイト一人は仕事をしていない。母を見守ることぐらいは出来るだろう。
欠点は、私・母と兄達とでは生活リズムが違いすぎる。私と母は朝型の生活スタイルで和食風だ、兄達は夜型でインスタント食ばかりだ。2重生活は見えている。

これから暑くなり母の部屋に冷蔵庫がいるかと思っているが、とりあえず今日クーラーボックスを持って行ってきた。母は「冷蔵庫やこういらん」と言っているが(たぶんあまり使わないと私も思う)、あったほうが便利だろう。必要ならその時に買えばいいかな!と思っている。

母が倒れてから766日
老人ホームに入居30日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 17:19 | 岡山 ☔ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。