2008年04月30日

ゆく春の惜しまれる頃

”ゆく春の惜しまれる頃”、手紙などの季節の言葉。
4月中旬頃だったか、ケアマネージャーが郵送してきた5月分のサービス利用票に添えてあった手紙の書き出しの言葉だ。私はこのケアマネージャーには会ったことはまだないが、姉の話では若いケアマネージャーとのことだ。手紙自体は3行ぐらいの素っ気ないものだが、季節の言葉を良く知っているものだと感心した。

母が倒れてから804日
老人ホームに入居68日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 19:40 | 岡山 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。