2008年05月18日

一番心苦しい思い出

母が脳梗塞で倒れてから昨日で2年と3ヶ月、老人ホームは入れずに自宅で介護をしていれば明日で自宅介護2年と2ヶ月となる。1年と11ヶ月弱で終わった自宅介護だが、いろんなことがあった。やはり一番心苦しい思い出は”母を怒鳴った”ことだ。思い出すと自己嫌悪になる。
今朝近くの家で怒鳴り声が聞こえた。私もこんなふうに怒鳴っていたのかと思うと、自分が嫌でたまらない。母のつらそうな顔が今でも思い浮かぶ。近所の人も「またか」と思っていたに違いない。

夕方近くに私を呼ぶ声がする「えっ、かあちゃん?」と、そんなわけはない。空耳か?しばらくするともう一度聞こえる。誰と思い声のほうに行くと、リビングの窓から母の妹が顔を覗かしている。
母とこの妹は仲が悪いので家に来たことはない筈だ。何で来たのだろう。他の兄弟から私の様子を見て来いとでも言われたのだろうか。
母の居る所を聞いて、私が一人でチャントとしているかを確認して帰って行った。

母が倒れてから822日
老人ホームに入居86日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。