2008年05月30日

さわやかな初夏の候

”さわやかな初夏の候”
ケアマネージャーが郵送してきた6月分のサービス利用票に添えてあった手紙の書き出しの言葉だ。

昨日は梅の塩漬けだ。
■まず用意するもの、
1.アク抜きを終え、自然に乾かした梅1kg
2.塩、梅に対し10%〜15%(減塩漬け)
3.焼酎35度(梅の殺菌など)
4.熱湯消毒した保存容器
5.ビニール袋(丈夫なもの)2〜3枚
■塩漬け(塩の量は120g強)
1.塩を馴染ませるためと殺菌を兼ね、焼酎(30cc程)を梅全体にまぶし、用意した塩の半分の量と梅を良く混ぜる。
2.保存容器に1.の梅と残りの塩を使用し漬け込む。塩を軽く一掴み容器の底に振り、梅・塩・梅を繰り返して、全部漬けていく。塩は上に行くほど多めにし、最後は残った塩を梅の上から全体に振り入れる。
3.減塩漬けなので、カビの防止と水上がりの手助けの意味で焼酎を50cc程容器の端から流し込む。
4.ビニール袋に水を入れ、重石の代わりにする。梅の半分の量500cc程の水の重しだ。
これで、第一段階「塩漬け」は完了。1〜2日で梅酢が上がってくる。
1日経った今日、2/3ほど梅酢が上がってきている。

今週初めに漬けた「かぶらの千枚漬け」、今日食べてみると美味しく出来ていた。

母が倒れてから834日
老人ホームに入居98日
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98593463
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。