ちまた 記事一覧
(2008/08/07)チボリ閉園へ
(2007/10/12)市町村職員による年金保険料着服問題
(2007/09/23)福田新総裁
(2007/07/13)円安
(2007/03/25)代理出産
(2007/03/10)エルニーニョ
(2007/02/27)金の猪(ブタ)年
(2007/02/19)渋滞税
(2007/02/16)日本の子供は孤独!
(2007/02/14)バレンタインデー
(2007/02/12)市議会議員のチラシ
(2007/01/25)給食費未納
(2007/01/24)あるある
(2007/01/23)お金で時間を買う
(2007/01/21)やらせ

2008年08月07日

チボリ閉園へ

チボリ公園が開園した1997年には、私は大阪で仕事をしていた。
大阪でもチボリのことが話題になり、
大阪の仕事仲間も「チボリに遊びに行く」と言っていた。
あれから11年、私は一度も行かないまま閉園する。

岡山の地は、東西、四国と山陰への交通の通過点的な場所だ。
際立った観光地も少なく、チボリはテーマパークとして県主導で
観光地のメーンになるはずだった。
残念に思っている人も多いことだろう。
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

市町村職員による年金保険料着服問題

 ”市町村職員による年金保険料着服”・・・世論が年金問題に敏感になっている中、市区町村職員による国民年金保険料の横領問題で、業務上横領罪の時効(7年)が成立していない9市町のうち、自治体が刑事告発したのは東京都日野市のみである。
 『なんで!』と叫びたくなる。年金保険料着服は、立派な横領罪じゃないのか。それを「懲戒免職し、被害弁済もした」と告発しないのは許されない。これって行政の不作為に当たらないのだろうか?。
 舛添厚生労働相は、自治体が告発を見送れば、代わりに社保庁が告発する意向を示しているはいるが、自分の所で出た汚職は自分の所で正してもらいたいものだ。
posted by ぼにん at 21:09 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

福田新総裁

 福田康夫元官房長官(71)が330票を獲得し、197票の麻生太郎幹事長(67)を破って新総裁に当選した。
 明後日には総理大臣指名選挙を経て新内閣が決定する。この総理大臣指名選挙では、衆議院では自民党の福田総裁、参議院では民主党の小沢代表が議決されだろう。最終的には衆議院の議決が国会の議決とされ、福田内閣が発足されるのは目に見えている。
 各派閥に支持された福田総裁、幹事長など党3役や内閣人事に派閥人事が優先されるのではないか?。
 福田新総裁は、あたり障りの無い言葉を選んでの発言で、リーダーシップが発揮できるのか疑問である。繊細な神経をしている印象で、小渕首相や安部首相のように体調不良による引退を思い浮かべてしまう。

 父の故福田赳夫首相も1976年12月から78年12月まで首相を務め、日本の憲政史上初めて親子二代による首相就任となるのはすごいことだ。
posted by ぼにん at 19:49 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

円安

 今日の円相場は1ドル/122円前後で、去年の同時期より10円ほど円安になっている。2005年になってからジリジリと円安傾向だ。1991年バブルが崩壊してからの低金利が続き、外国の高金利商品に円が流れていっているのが原因の1つにある。あるのかないのか分からない預金金利、多少のリスクはあっても金利の高い諸外国の投資信託に目が向くのは当たり前だ。

 世界第2位の経済大国である日本。その活発な産業活動と豊かな生活を支えているのが、石油、天然ガス、銅、ニッケルなどの膨大なエネルギーや資源だ。言いかえれば、日本は世界有数のエネルギーと資源の消費大国でもある。しかし、日本固有のエネルギーや資源は極めて少なく、その大部分を諸外国からの輸入に頼っているのが現状。さらに、近年のアジア地域における飛躍的な経済成長を背景に、これらの資源やエネルギーの世界全体の需要量が急増するなど、日本が安定的な供給を確保するのは、ますます難しくなりつつある。

 このような背景がある中、円安が続くことによる影響は、消費者に重く圧し掛かってくることになるだろう。デフレ現象下でも企業の投資意欲は増しており経済成長も上向いている、このような状態なのに何故金利を上げないのか、と思っている。政府の政策は借りて側に向いており、企業有利な方向に動く傾向がある。円安に歯止めを掛けるには、金利をあげ投資目的の円を外国に流さないようにべきでなないか・・・。
 日銀の金融政策決定会合では現行金利維持が決まった。
posted by ぼにん at 21:24 | 岡山 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

代理出産

 タレントの向井亜紀さん夫婦が出生届受理を求めた裁判で、最高裁は代理出産を認めない判決を下した。

 海外では「代理母が出産した子どもの引渡しを拒否する」、「子供に障害がある場合に依頼者が引取らない」などの問題も起きており、「報酬をめぐり代理母と子どもが商品化する可能性がある」などの問題もある。
 人が「生まれてくる」「死んでいく」は自然のままが一番じゃないのか、不妊で悩んでおられる方、病気などで子供ができない方、自分の子供欲しさに、「妊娠・出産に伴うリスクを他人に背負わせる」のは自分勝手な物の考え方じゃないのか。お金さえ出せば何でも出来てしまうのではないか。

 代理出産も良いなら、クローンも良いのではないかと思ってしまう。
posted by ぼにん at 00:06 | 岡山 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

エルニーニョ

 ラジオで、『エルニーニョ現象(南米ペルー沖の東部太平洋域の海水温が数年に1度上昇する現象 )が発生すると暖冬で、この現象が夏まで続くと冷夏になる。今年のエルニーニョは終息したので、暑い夏が予想される』と言っていた。
 去年も暑かったように覚えているが、今年はそれ以上だろうか。母の主治医の先生が「夏は心臓に負担が少ない」と言っていたが、心臓には無理がかからなくても高齢者には体がもたない人が出てくるのではないか・・・。
posted by ぼにん at 20:57 | 岡山 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

金の猪(ブタ)年

 今年の干支は猪(イノシシ)だ。だが昨日だったかラジオで『中国や台湾では豚(ブタ)年』と言っていた。中国では『家畜のブタを豚』と書き、『野生のイノシシを野豚』と書くらしい。それに『今年は60年に1度の「金の猪(ブタ)年」』とも言っていた。金のブタは大変めでたいらしく、亥年生まれの私と母に今年は良い出来事があればいいが・・・。
posted by ぼにん at 19:57 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

渋滞税

今日ラジオを聴いていると『渋滞税』と言う言葉が耳に入ってきた。「イギリスで導入されている渋滞税の適用範囲が広がる・・・」と言うニュースだ。世界ではいろんな税金があるもんだと感心した。
ロンドンの渋滞税は2003年2月、市中心部に1日5ポンドで導入され、渋滞緩和に効果を上げているみたいだ。どのように徴収するのか知らないが、マイカー中心の現代生活、一般市民にとってはすごい痛手だろう。
posted by ぼにん at 20:30 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

日本の子供は孤独!

 新聞に、『日本の子供は「先進国の中で最も孤独」』と載っていた。
国連児童基金(ユニセフ)が14日に発表した、先進国に住む子どもたちの「幸福度」に関する調査報告だ。
 それによると、子どもの意識をまとめた項目で、「孤独を感じる」と答えた日本の15歳の割合は、経済協力開発機構(OECD)加盟25か国29・8%と、ずば抜けて高かった。日本に続くのはアイスランド(10・3%)とポーランド(8・4%)だったようだ。
「自分が気まずく感じる」との回答も、日本が18・1%とトップだ。

少し前から話題になっている「スローライフ:昭和30年代ごろの生活スタイル」は、地域社会が活き活きして貧しいながらも人々に活気があった。私が生まれたばかりの頃だ。私の子供時代は外で遊び、遊び相手や遊ぶ楽しみに事欠かなかった。「孤独」とか思ったこともない。

日本の良いところは何処に行ったのだろう!。皆が裕福を求めた結果が、地域社会の希薄化を生み、子供の感性を閉じ込めた生活スタイルに変化したのだろう。
posted by ぼにん at 20:57 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

バレンタインデー

バレンタインは、恋人たちの愛の誓いの日とされ、世界各地で様々な祝い方がある。
欧米などでは花やケーキ、カードなどを恋人に贈る習慣がある。カードには、"From Your Valentine" と書いたり、"Be My Valentine." と書いたりもする。
これは日本とは違い、女性から男性のみとは限らない。
(インターネット百科事典「ウィキペディア」)

新聞に「チョコの年間消費量の四分の一がこの時期に集中する」と書かれていた。
スーパーやコンビニなど、たくさんのチョコ製品(チョコレート、ケーキ、菓子、パンなど)が並んでいて、毎日たくさん消費されていると思うが、四分の一とはすごい量だ。今では本命チョコ、義理チョコ以外にも、母から子、子から父親、妻から夫、自分用のご褒美、などと多く広まったからだろう。

ビールデンウィーク
新聞にこの様な記事が載っていた。ビール大手五社が、毎年五月下旬を「ビールデンウィーク」とし、ビール市場の活性化に共同で取り込むとのことだ。
posted by ぼにん at 21:08 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

市議会議員のチラシ

市議会が発行する冊紙『市民のひろば』に、ある市議会議員のチラシ「後援会事務所開きのご案内」が入っていた。この冊紙は町内会で配布されたものだ。
以前、新聞かテレビで「市の職員が政治家のパンフレットを配っていた」のが問題になったと思うが・・・。

この場合は、町内会の組織を利用して善意の第三者に配らしたのと同じだ。問題じゃないのか!。
posted by ぼにん at 19:20 | 岡山 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

給食費未納

学校の給食費を未納している親がいる。「保護者の責任感や模範意識の問題」が60%と、「経済的な問題」で払えない人を大きく上回っている。
学校給食法では「施設設備費や人件費以外の食材費等は保護者が負担する」などと定められている。ただし、経済的な理由で支払えない家庭には、就学援助制度や生活保護の教育扶助による給食費の給付制度がある。
「経済的な問題」で未納があるのは制度が活用されていないのでは・・・。
問題は、払えるのに払わない親だ。自分の子の給食費を支払うことを拒否するとは、なんとも情けない話だろう・・・。

私が思うだけかも知れないが、国民年金やNHK受信料の未納問題と同じではないか。
posted by ぼにん at 21:48 | 岡山 ☀ | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

あるある

新聞に「発掘あるある大事典U」打ち切り、と載っている。単独スポンサーの花王が降りるのもあるのだろうが、当然の結果だろう。
評論家のコメントに「視聴者側も情報を信じるのがおかしいし、それでだまされたと言って起こるのは民度の問題で情けない。情報に対して自分の判断力と行動指針を持つことが、いいかげんな情報でも通用すると思っている作り手を許さないことにつながる。」とある。
『うん、なるほど』と思った。今の世の中たくさんの情報が入ってくる、その中で自分の判断でその情報を受け入れたのだから、自己責任だ。まぁ、今回の場合メディアの情報だから大きな反響になって、みんなが「なんだ!」となったのだろう。

この「あるある」も、番組打ち切りと処分となったが、何か問題が起きると処分と言う形だけで終わってしまう気がする。
何年か前の雪印の牛乳の再利用問題、三菱のリコール問題にしても、工場閉鎖や処分など企業の再建あって、人々の脳裏から薄らいでいる。今話題の不二家も次第に薄らいでいくのだろう。
posted by ぼにん at 20:06 | 岡山 ☁ | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

お金で時間を買う

今はお金で時間を買う時代だ。家事や掃除代行と言ったビジネスがある。忙しい人に取っては利用したいサービスだろう、だが自分の事は自分でやることが大切なはずだ。

今朝ラジオで言っていたが、都内では部分エステサロンが多くなっているようだ。まゆげ・目・耳・歯磨き・リップなどがあり、料金も比較的に安く短時間でプロに委ねられるのが魅力だろう。継続して利用するとコストがかかるが、リフレッシュや気分転換にいいのかも。また全身エステより時間も短く料金も安いので、働く忙しい女性にはもってこいだろう。
posted by ぼにん at 20:27 | 岡山 ☁ | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

やらせ

今日の新聞に、1月7日放送の納豆のダイエット効果を取り上げた「発掘!あるある大事典U」で、実際には行なっていない実験データをでっち上げて効果を誇張して放送、と載っていた。あるある大事典は今日の放送分から休止となっている。私は普段ほとんどテレビを見ないが、テレビ欄を見て、見てみようかなと思い、たまたま途中まで見た番組だ。
こんな事があると、テレビの報道番組や情報番組はどこまでが本当なのか疑ってしまう。

昔懐かしい「川口浩探検隊」は、これから何が出るのかというような演出で、ついついチャンネルを変えずに見てしまっていた。結局最後にはたいした発見もなく終わってしまうのだが、でっち上げのような捏造はなっかたのではないか。

話は違うが、今の世の中あらゆる会議に根回しは必須であり、すべてのミーティングに打ち合わせがなければ進行しないだろう。「教育改革タウンミーティング」の『やらせ質問』をやらせと非難する野党議員は普段根回しなしの質問ばらりしているのか。知っていて知らぬふりをするのは人を欺いているのではないか。実際『やらせ質問』は重大な問題であるが。
posted by ぼにん at 15:29 | 岡山 | ちまた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。